電子書籍 カンゼンのサッカー戦術ブックス 実用

著者: 遠藤保仁  著者: 西部謙司 

まずは、無料で試し読み

試し読み

16ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

眼・術・戦 ヤット流ゲームメイクの極意 あらすじ・内容

ついに明かされる日本サッカー界、最高の“頭脳”である<遠藤保仁×西部謙司>による共著!

ついに明かされる日本サッカー界、最高の“頭脳”である<遠藤保仁×西部謙司>による共著!

日本代表、ガンバ大阪での体験・経験を通じて、遠藤保仁が考える理想のサッカースタイル
その類まれなプレー理論やサッカー理論、戦術理論について稀代の戦術家である西部謙司が余すところなく解説。


試合中に遠藤が見ている世界とは?

「調子がいいときは“ここにいるだろうな”というところまでドンピシャでわかります。
そういうときはプレーが楽ですね。遠くのほうをしっかり見て、近くは残像で見る感じですかね。
近いほうは自然に目に入ってきますから」

【CONTENTS】

●第一章 『眼』

ピッチでは眼(視覚)で状況をとらえることからはじまる。遠藤は眼からどのような情報を集めているのか?
ボールやゴール、敵味方21名、時にはベンチにいたるまで。優位な戦況を作り出せるかどうかは眼で決まる。
遠藤が日頃から見ている試合の風景を紐解く。


優位な戦況を作る眼
少年が見ていたブランコと、敵の監督
ダイレクト・ロング・スルーパス
レシャックに出会って確信を得る
〝とられない〟の前提
量より質
こだわりのパス
楽しさの原点

●第二章 『術』

眼でとらえた情報だけではプレーできない。実行するには技術が必要になる。
一見すると、遠藤は派手なプレーをしない。それでも正確かつ大胆に淡々とプレーする。
遠藤がこだわる技術とは何か?
ゲームをあやつる術を解き明かす。


ゲームをあやつる術
プロゴルファー猿?
シュートはコース
守備での貢献
変幻自在のポジショニング
間で受ける
同数なら守れる
もし、遠藤保仁が監督だったら
ピッチで生きる「術」

この作品を共有

「カンゼンのサッカー戦術ブックス」作品一覧

(8冊)

1,287〜1,584(税込)

まとめてカート

グアルディオラ、モウリーニョ、ベンゲル、ファーガソン……etc
超一流監督に共通している資質とはなにか?

サッカーは数学とアートの融合である
《理詰めで戦術を考えることはできるが、
最終的にサッカーはアートの領域になる。
監督はピッチ上に芸術を描かなければならない》

スカウティングの第一人者である小野剛氏が、
監督の資質とは何か、超一流のコーチング術とは何かに迫る。

UEFA技術委員長アンディ・ロクスブルク氏との議論の中で
導き出されたトップコーチが備える3つのキーワードの意味とは?


1 Real passion of football
(サッカーへの情熱、進歩への向上心)

「サッカーに身を捧げる覚悟があるか」
――アレックス・ファーガソン

「私は常に自身に疑問を投げかけている。
さらに向上させる方法はないだろうかと」
――ラファエル・ベニテス

2 Technician, Manager and Leader
(テクニシャン、マネージャー、リーダー)

「今のバルサならば、私が監督でなくても優勝できただろう」
――ジョゼップ・グアルディオラ

「簡単なことだ。もし君がリーダーだったら、選手たちがついてくる」
――リヌス・ミケルス

3 Next mentality
(ネクストメンタリティ)

「勝つために必要なことは、勝ち取ったものを忘れることだ」
――ジョゼ・モウリーニョ

「コーチの姿は、常にチームの鏡」
――アーセン・ベンゲル


■■目次■■ 1章 世界の名将たちをプロファイルする
2章 監督の役割とは何か
3章 日本代表監督たちの素顔
4章 S級コーチとして必要なもの
5章 これからの日本サッカー

サッカーの本質を知るための
究極の観戦術。

アトランタ五輪、フランスワールドカップにて、世界の強豪チームを徹底分析した、日本代表スカウティングの第一人者が、その理論のすべてを明かす。
プロの現場では、どのような情報収集が行われているのか? 分析する際のポイントはどこなのか? 日本代表の分析のスペシャリストがその内幕をさらけ出す。
ゲーム分析に関するノウハウは、サッカーファンやコーチにおいても、有益なもの。サッカーは、もっと奥深くて面白い。
本書を読めば、サッカー観戦力が驚くほどレベルアップする!!

■サッカーは11対11で行なうもの。この基本を忘れてはならない。
■1人余らせていれば、どこかでマイナス1が生まれている
■ビルドアップの方法で数的優位をどこで作りたいかがわかる
■フォワードの動きから攻撃の狙いを読み解く
■守備のスタイルはリトリートか、フォアチェックか ……etc

【目次】
プロローグ 脚光を浴びるスカウティング
1章 サッカーにおけるスカウティングとは?
2章 スカウティング術のノウハウ
3章 サッカーを“観る眼”を鍛えよ
4章 格上チームの弱点を見抜く アトランタ五輪編
5章 世界での戦いに勝つために 仏W杯編

人気シリーズ「戦術クロニクル」の第3弾が、ついに登場!!
サッカージャーナリスト西部謙司がバルセロナの戦術を徹底分析!

脅威的なボールポゼッションで攻撃的なサッカーを繰り広げ、
スペクタクルと勝利の追及に成功しているバルセロナ。
このチームのバルセロナの全体像を描いたのは、かのヨハン・クライフだ。
そのクライフが率いて数々のタイトルを手にした“ドリームチーム”で
最も重要なポジションを担っていたのが、ジョゼップ・グアルディオラだった。
クライフの申し子は、ドリームチームの時代から
脈々と受け継がれるバルサの哲学を継承し、大きな成功を収めている。

では、クライフはピッチ上にいったい何をもたらしたというのか?
グアルディオラは、クライフの哲学にどのような色を加えたのか?
いくつもの試合映像、スペインにおける関係者への取材で見えてきたものとは―。

本書は、バルセロナの「哲学」を巡る旅でもある。


バルセロナ 戦術アナライズ
最強チームのセオリーを読み解く

ドリームチームから現在に至るまでの主な戦績

はじめに クワトロ・クラシコとバルセロナの魅力

Chapter 1 エル・クラシコの衝撃
Chapter 2 ドリームチームのデザイン
Chapter 3 ドリームチームの足跡
Chapter 4 ドリームチームから現在まで
Chapter 5 カルレス・レシャックのバルサ論
Chapter 6 バルサ式を読み解く Part 1
Chapter 7 バルサ式を読み解く Part 2
Chapter 8 日本とバルサ

おわりに なぜ、バルサにハマるのか