電子書籍 土竜の聖杯 文芸・小説

著: 友成純一 

まずは、無料で試し読み

試し読み

21ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

土竜の聖杯(1) 聖獣都市 あらすじ・内容

人肉が花火のように弾ける! 淫夢と悪夢の万華鏡!

 新宿のKプラザにオカルト教団が出現。それとともに東京はポルターガイスト、電車事故、さらに駅、地下街、家庭において全身が突如ザバッと爆砕する超カマイタチが続発する街と化していった。教団のもつ教義、そして“土竜(ドラゴン)の心臓”とは何か? Kプラザには今日も狂信者となった女性が消えて行く…。
 教団を探る中央調査隊のパワー溢れる男・陣内。さらに内調の切れ者・氷室。彼らの前に出現する阿鼻叫喚の地獄絵図。“土竜の心臓”のエネルギーが極限に達する日が近づく!

 世紀のスーパー猟奇アクション第1弾! 「電子版あとがき」を追加収録。

●友成純一(ともなり・じゅんいち)
1954年福岡生まれ。1976年、早稲田大学在学中に「透明人間の定理リラダンについて」が幻影城新人評論部門に入選。映画評などでも活躍したのち、1985年「肉の儀式」で小説家デビュー。官能的でバイオレントな作風が注目を浴びる。以後、スプラッター小説のパイオニアとしてだけでなく、SF、ホラー、怪獣小説などでも鬼才ぶりを発揮し、多くの著作を発表。またロンドン関連の著書も多い。現在はバリ島在住。

この作品を共有

「土竜の聖杯」最新刊

興奮の極地をむかえるスプラッタ描写! 驚愕のラストを見逃すな!

 オカルト教団が新宿に埋めた“土竜の心臓”により、超高層ビル群は焼けただれたかのように溶解していた。街は男の精を吸い尽くす教団の魔女に溢れ、レディー狩りの名目で殺戮を繰り返す武装警官隊が横行していた。民衆は肉を裁たれ血を飛沫かせながらもVABに抗戦を挑むが、非道な重火器の前に次々と斃れた。
 その時、血みどろの街を見下ろす格好で、身の丈百メートルもの巨人が出現した。巨人は果たして救世主なのか!?

 世紀のスーパー猟奇アクション第3弾! 「電子版あとがき」を追加収録。

●友成純一(ともなり・じゅんいち)
1954年福岡生まれ。1976年、早稲田大学在学中に「透明人間の定理リラダンについて」が幻影城新人評論部門に入選。映画評などでも活躍したのち、1985年「肉の儀式」で小説家デビュー。官能的でバイオレントな作風が注目を浴びる。以後、スプラッター小説のパイオニアとしてだけでなく、SF、ホラー、怪獣小説などでも鬼才ぶりを発揮し、多くの著作を発表。またロンドン関連の著書も多い。現在はバリ島在住。

「土竜の聖杯」作品一覧

(3冊)

各495(税込)

まとめてカート

人肉が花火のように弾ける! 淫夢と悪夢の万華鏡!

 新宿のKプラザにオカルト教団が出現。それとともに東京はポルターガイスト、電車事故、さらに駅、地下街、家庭において全身が突如ザバッと爆砕する超カマイタチが続発する街と化していった。教団のもつ教義、そして“土竜(ドラゴン)の心臓”とは何か? Kプラザには今日も狂信者となった女性が消えて行く…。
 教団を探る中央調査隊のパワー溢れる男・陣内。さらに内調の切れ者・氷室。彼らの前に出現する阿鼻叫喚の地獄絵図。“土竜の心臓”のエネルギーが極限に達する日が近づく!

 世紀のスーパー猟奇アクション第1弾! 「電子版あとがき」を追加収録。

●友成純一(ともなり・じゅんいち)
1954年福岡生まれ。1976年、早稲田大学在学中に「透明人間の定理リラダンについて」が幻影城新人評論部門に入選。映画評などでも活躍したのち、1985年「肉の儀式」で小説家デビュー。官能的でバイオレントな作風が注目を浴びる。以後、スプラッター小説のパイオニアとしてだけでなく、SF、ホラー、怪獣小説などでも鬼才ぶりを発揮し、多くの著作を発表。またロンドン関連の著書も多い。現在はバリ島在住。

性の吸血鬼“レディー”によって男たちは次々と食い荒らされる!

 夜の新宿に全裸で出没する、謎の魔女。その妖艶な“レディー”たちにより、男は陶酔境に陥って衰弱死し、女は恐怖のあまり失神した。この世ならぬ銀の輝きに包まれて蒼ざめる超高層ビル街地。そこを人々は、いつからか“聖域”と呼ぶようになっていた…。
 元・内調の切れ者、氷室は「地獄」から蘇り、人類と文明の壊滅をもくろむ「至福教団」の中枢、“土竜(ドラゴン)の心臓”にせまるが…。

 世紀のスーパー猟奇アクション第2弾! 「電子版あとがき」を追加収録。

●友成純一(ともなり・じゅんいち)
1954年福岡生まれ。1976年、早稲田大学在学中に「透明人間の定理リラダンについて」が幻影城新人評論部門に入選。映画評などでも活躍したのち、1985年「肉の儀式」で小説家デビュー。官能的でバイオレントな作風が注目を浴びる。以後、スプラッター小説のパイオニアとしてだけでなく、SF、ホラー、怪獣小説などでも鬼才ぶりを発揮し、多くの著作を発表。またロンドン関連の著書も多い。現在はバリ島在住。

興奮の極地をむかえるスプラッタ描写! 驚愕のラストを見逃すな!

 オカルト教団が新宿に埋めた“土竜の心臓”により、超高層ビル群は焼けただれたかのように溶解していた。街は男の精を吸い尽くす教団の魔女に溢れ、レディー狩りの名目で殺戮を繰り返す武装警官隊が横行していた。民衆は肉を裁たれ血を飛沫かせながらもVABに抗戦を挑むが、非道な重火器の前に次々と斃れた。
 その時、血みどろの街を見下ろす格好で、身の丈百メートルもの巨人が出現した。巨人は果たして救世主なのか!?

 世紀のスーパー猟奇アクション第3弾! 「電子版あとがき」を追加収録。

●友成純一(ともなり・じゅんいち)
1954年福岡生まれ。1976年、早稲田大学在学中に「透明人間の定理リラダンについて」が幻影城新人評論部門に入選。映画評などでも活躍したのち、1985年「肉の儀式」で小説家デビュー。官能的でバイオレントな作風が注目を浴びる。以後、スプラッター小説のパイオニアとしてだけでなく、SF、ホラー、怪獣小説などでも鬼才ぶりを発揮し、多くの著作を発表。またロンドン関連の著書も多い。現在はバリ島在住。

「土竜の聖杯」の作品情報

レーベル
――
出版社
アドレナライズ
ジャンル
文芸・小説 SF ファンタジー ホラー
ページ数
341ページ (土竜の聖杯(1) 聖獣都市)
配信開始日
2014年8月5日 (土竜の聖杯(1) 聖獣都市)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad