電子書籍 ぼくせん 幕末相撲異聞 文芸・小説

著者: 木村忠啓 

まずは、無料で試し読み

試し読み

30ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

ぼくせん 幕末相撲異聞 あらすじ・内容

時は幕末、勧進相撲で禁じ手を使い角界追放となった三峰山岩蔵。進退窮まった彼は元行司の式守庄吉らとともに「観客に見せる」格闘技を立ち上げる。名付けてぼくせん──第8回朝日時代小説大賞受賞の著者による鮮烈な最新「格闘」時代小説。

この作品を共有

「ぼくせん 幕末相撲異聞」最新刊

時は幕末、勧進相撲で禁じ手を使い角界追放となった三峰山岩蔵。進退窮まった彼は元行司の式守庄吉らとともに「観客に見せる」格闘技を立ち上げる。名付けてぼくせん──第8回朝日時代小説大賞受賞の著者による鮮烈な最新「格闘」時代小説。

「ぼくせん 幕末相撲異聞」の作品情報

レーベル
――
出版社
朝日新聞出版
ジャンル
文芸・小説 時代小説 歴史
ページ数
343ページ (ぼくせん 幕末相撲異聞)
配信開始日
2018年3月2日 (ぼくせん 幕末相撲異聞)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad