電子書籍 グッバイ、レニングラード ソ連邦崩壊から25年後の再訪 実用

著: 小林文乃 

まずは、無料で試し読み

試し読み

13ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

グッバイ、レニングラード ソ連邦崩壊から25年後の再訪 あらすじ・内容

五木寛之、藤原正彦氏激賞、期待の新鋭!

十歳のときにみた崩壊直前のソ連邦。
四半世紀後の再訪、ロシアは変わったのか。
その歴史の光と影を綴った渾身のルポルタージュ。

1991年夏、10歳の私はモスクワにいた。
帰国直後、ソビエト連邦崩壊。
2016年、トランプ大統領誕生の当日、私はふたたびロシアに向かっていた。
戦時中、ナチスドイツによって完全包囲され、100万人もの市民が餓死・凍死した
ロシア第二の都市・サンクトペテルブルクで誕生したある曲の軌跡を探るために。
――ショスタコーヴィチ作曲『交響曲第七番』、またの名を『レニングラード』。
ソ連邦崩壊後のロシアは変わったのか。
そもそもロシア革命とは何だったのか。
それぞれの夢と理想、そして現実を伝える渾身のノンフィクション!

この作品を共有

「グッバイ、レニングラード ソ連邦崩壊から25年後の再訪」最新刊

五木寛之、藤原正彦氏激賞、期待の新鋭!

十歳のときにみた崩壊直前のソ連邦。
四半世紀後の再訪、ロシアは変わったのか。
その歴史の光と影を綴った渾身のルポルタージュ。

1991年夏、10歳の私はモスクワにいた。
帰国直後、ソビエト連邦崩壊。
2016年、トランプ大統領誕生の当日、私はふたたびロシアに向かっていた。
戦時中、ナチスドイツによって完全包囲され、100万人もの市民が餓死・凍死した
ロシア第二の都市・サンクトペテルブルクで誕生したある曲の軌跡を探るために。
――ショスタコーヴィチ作曲『交響曲第七番』、またの名を『レニングラード』。
ソ連邦崩壊後のロシアは変わったのか。
そもそもロシア革命とは何だったのか。
それぞれの夢と理想、そして現実を伝える渾身のノンフィクション!

「グッバイ、レニングラード ソ連邦崩壊から25年後の再訪」の作品情報

レーベル
文春e-Books
出版社
文藝春秋
ジャンル
実用 ノンフィクション
ページ数
275ページ (グッバイ、レニングラード ソ連邦崩壊から25年後の再訪)
配信開始日
2018年3月8日 (グッバイ、レニングラード ソ連邦崩壊から25年後の再訪)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad