電子書籍 やぶひげ祥庵(コスミック時代文庫) 文芸・小説

著: 広山義慶 

まずは、無料で試し読み

試し読み

17ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

やぶひげ祥庵 房中指南 あらすじ・内容

深川不動尊裏手の松風長屋に住まう町娘の佳代が行方知れずになった。佳代は、父親をなくして母と妹三人暮らしの十二歳、薬研堀の医師・五十嵐祥庵の患者だった。祥庵はその評判と風貌から“藪髭先生”と綽名されるが、元は某藩の剣術指南役だった凄腕。体の弱い佳代の身を案じた藪髭は、その行方探しに乗り出すが、八丁堀同心・鎌谷厳重郎らの助けによって浮かび上がったのは、旗本の三男・馬場千士郎が佳代を拐かしたのではないかという疑惑だった。どうやら千士郎には女に対する異常な性癖があるらしい。町方も手が出せない旗本を相手に、藪髭はある策を弄して千士郎を誘き出した…。男と女の心の傷を、情けで癒し、剣で繕う長編官能時代小説。

この作品を共有

「やぶひげ祥庵(コスミック時代文庫)」最新刊

夏も近い漆黒の闇夜。薬研堀の医師・祥庵が永代橋の上で出会った若い女。女は深川富岡の雨具屋の一人娘で、所要の帰りの夜道にうっかり転んで足を挫いてしまったという。一人で歩けそうもない女の身を案じた祥庵は、往診の送り人に付いてくれていた深川八幡・上総屋の手代・弥吉に女を託し、家まで送らせることにした。だが、それを最後に弥吉は失踪。折しも江戸の街は、若い男を狙うお狐様騒動の真っ最中で、弥吉の行方知れずは、お狐様のかどわかしだと大騒ぎになってしまった。祥庵は、女の顔を手がかりに事の真相を探るべく動きだす。だが調べが進むうち、弥吉が女を食いものにする極悪人だったことが明らかに……。好評シリーズ第三弾。

「やぶひげ祥庵(コスミック時代文庫)」作品一覧

(3冊)

550〜572(税込)

まとめてカート

深川不動尊裏手の松風長屋に住まう町娘の佳代が行方知れずになった。佳代は、父親をなくして母と妹三人暮らしの十二歳、薬研堀の医師・五十嵐祥庵の患者だった。祥庵はその評判と風貌から“藪髭先生”と綽名されるが、元は某藩の剣術指南役だった凄腕。体の弱い佳代の身を案じた藪髭は、その行方探しに乗り出すが、八丁堀同心・鎌谷厳重郎らの助けによって浮かび上がったのは、旗本の三男・馬場千士郎が佳代を拐かしたのではないかという疑惑だった。どうやら千士郎には女に対する異常な性癖があるらしい。町方も手が出せない旗本を相手に、藪髭はある策を弄して千士郎を誘き出した…。男と女の心の傷を、情けで癒し、剣で繕う長編官能時代小説。

薬研堀の医師“藪髭”こと五十嵐祥庵の元に、ある日担ぎ込まれた一人の若い女。祥庵は、大川で溺れていたという女の体を診て驚いた。体中が、まるで嬲られたような痣で覆われていたのだ。事情を尋ねる祥庵だが、女は首を振って、家に帰らせて欲しいと訴えるばかり。この女には、何か隠されたいわれがある――。祥庵は、閉ざされた女の心を開くとともに、真相を探ろうと心に決める。女は作事方小頭補佐役・井村家の妻・佳代。だが佳代は二人目の妻で、井村家には不審な死を遂げた最初の妻がいた。南町同心・鎌谷厳重郎の助けで真相に迫る祥庵。だがその矢先、祥庵を凶刃が…。心の傷を、情けで癒し、剣で繕う官能時代小説。待望の書下ろし。

夏も近い漆黒の闇夜。薬研堀の医師・祥庵が永代橋の上で出会った若い女。女は深川富岡の雨具屋の一人娘で、所要の帰りの夜道にうっかり転んで足を挫いてしまったという。一人で歩けそうもない女の身を案じた祥庵は、往診の送り人に付いてくれていた深川八幡・上総屋の手代・弥吉に女を託し、家まで送らせることにした。だが、それを最後に弥吉は失踪。折しも江戸の街は、若い男を狙うお狐様騒動の真っ最中で、弥吉の行方知れずは、お狐様のかどわかしだと大騒ぎになってしまった。祥庵は、女の顔を手がかりに事の真相を探るべく動きだす。だが調べが進むうち、弥吉が女を食いものにする極悪人だったことが明らかに……。好評シリーズ第三弾。

「やぶひげ祥庵(コスミック時代文庫)」の作品情報

レーベル
コスミック時代文庫
出版社
コスミック出版
ジャンル
文芸・小説 時代小説 歴史
ページ数
277ページ (やぶひげ祥庵 房中指南)
配信開始日
2018年3月16日 (やぶひげ祥庵 房中指南)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad