電子書籍 その英語、ネイティブにはこう聞こえます 実用

著: ディビッド・セイン  著: 小池信孝 

まずは、無料で試し読み

試し読み

30ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

その英語、ネイティブにはこう聞こえます あらすじ・内容

多くの日本人が正しいと信じているが、ネイティブの耳には不自然に聞こえる英語。それがどのように思われるかを解説。

約束に遅れて「Sorry.」とだけ言ったら、相手には「わりー、わりー」と聞こえる。「I’m sorry to be late.」と言おう。乗り物やレストランなどの場面別に、1.間違えやすい表現と、2.それがネイティブには「こう聞こえる」という説明、3.正しくは「こう言う」という例を列挙。後半には「ネイティブに近づく20の法則」と題して、mustとhave to の使い分けなどが解説されている。日本で豊富な教授経験をもつ著者だけあって、日本人がおかしやすい過ちや、辞書だけではわからないニュアンスがうまく取り上げられている。巻末の「日本で見つけたおかしな英語」はジョーク集さながら。

この作品を共有

「その英語、ネイティブにはこう聞こえます」最新刊

あのベストセラー英語本第四弾! 日本人が間違いがちなビジネス英会話を集めています。ビジネスで使いがちな失敗英語に加えて、「ビジネスならではのニュアンスはこう言う」の例をたくさん紹介。1章では、ちょっとしたニュアンスの違い、全然違う意味になってしまう言い回しなどを集めています。2章では日本と欧米でのビジネスマナーの違いを、3章ではよく使うビジネス用語を英語ではどう言うかをまとめています。

「その英語、ネイティブにはこう聞こえます」作品一覧

(4冊)

各330(税込)

まとめてカート

約束に遅れて「Sorry.」とだけ言ったら、相手には「わりー、わりー」と聞こえる。「I’m sorry to be late.」と言おう。乗り物やレストランなどの場面別に、1.間違えやすい表現と、2.それがネイティブには「こう聞こえる」という説明、3.正しくは「こう言う」という例を列挙。後半には「ネイティブに近づく20の法則」と題して、mustとhave to の使い分けなどが解説されている。日本で豊富な教授経験をもつ著者だけあって、日本人がおかしやすい過ちや、辞書だけではわからないニュアンスがうまく取り上げられている。巻末の「日本で見つけたおかしな英語」はジョーク集さながら。

あの人気の英語本、第二弾!目からウロコが落ちること間違いなし。<PART1>そんなつもりじゃなかったのに:●「彼が上司になった」“He became a boss.”→「彼は暴力団の親分になった」 ●「もう一度言ってくださいませんか」“One more please.”→「そこのところをもう一度言ってごらん」 <PART2>英語と日本語の発想の違いがよくわかる20の法則:今さら他人には聞けない英語の疑問を解決します。 <PART3>ここがへんだよ日本の英語:ふだん使っている和製英語がネイティブにはどう聞こえているかがわかります。日本の看板や注意書きで見つけた珍妙な英語も紹介。

あのベストセラー英語本第三弾! 日本人の英語は、ネイティブにはこんなふうに聞こえていた! ちょっとしたことでちんぷんかんぷんになったり、ニュアンスが違ったり…。海外旅行での会話を中心に、ショートステイ、短期留学までカバーしたパーフェクト編。

「その英語、ネイティブにはこう聞こえます」の作品情報

レーベル
――
出版社
主婦の友社
ジャンル
実用 英語 語学
ページ数
337ページ (その英語、ネイティブにはこう聞こえます)
配信開始日
2014年4月24日 (その英語、ネイティブにはこう聞こえます)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad