電子書籍 天国にいちばん近い島 文芸・小説

著: 森村桂 

まずは、無料で試し読み

試し読み

25ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

天国にいちばん近い島-地球の先っぽにある土人島での物語- あらすじ・内容

1年中花が咲き、マンゴやパパイヤがたわわに実る夢のような島――それこそ亡き父が幼い頃に話してくれた“天国にいちばん近い島”にちがいない…。思いがけない人の善意から、南洋の仏領ニューカレドニアへ旅立った。「私」はさまざまな体験をする。現代的な娘の爽やかな行動が若い世代の爆発的共感を呼ぶ、桂の愛と希望の旅行記。

この作品を共有

「天国にいちばん近い島」最新刊

愛と夢を教えてくれた、神さまのいる天国からいちばん近い島、ニューカレドニアから帰って20年。森村桂がいま語る、もうひとつの、“天国にいちばん近い島”――ニューカレドニアで盲腸の手術直後、なぜあんなにもビーフ・ステーキを食べてしまったのか。お世話していただいた商社の人たちから、産業スパイではないかと疑われていたこと。そして、豊かで暖かい想い出に包んでくれた“天国にいちばん近い島”の人たちとの帰国後のさまざまな交流……。ニューカレドニアの空と海に、森村桂が捧げる奏鳴曲(ソナタ)、虹色の交響曲(シンフォニー)。

「天国にいちばん近い島」作品一覧

(2冊)

各420円 (+税)

まとめてカート

1年中花が咲き、マンゴやパパイヤがたわわに実る夢のような島――それこそ亡き父が幼い頃に話してくれた“天国にいちばん近い島”にちがいない…。思いがけない人の善意から、南洋の仏領ニューカレドニアへ旅立った。「私」はさまざまな体験をする。現代的な娘の爽やかな行動が若い世代の爆発的共感を呼ぶ、桂の愛と希望の旅行記。

愛と夢を教えてくれた、神さまのいる天国からいちばん近い島、ニューカレドニアから帰って20年。森村桂がいま語る、もうひとつの、“天国にいちばん近い島”――ニューカレドニアで盲腸の手術直後、なぜあんなにもビーフ・ステーキを食べてしまったのか。お世話していただいた商社の人たちから、産業スパイではないかと疑われていたこと。そして、豊かで暖かい想い出に包んでくれた“天国にいちばん近い島”の人たちとの帰国後のさまざまな交流……。ニューカレドニアの空と海に、森村桂が捧げる奏鳴曲(ソナタ)、虹色の交響曲(シンフォニー)。

「天国にいちばん近い島」の作品情報

レーベル
角川文庫
出版社
KADOKAWA / 角川書店
ジャンル
文芸・小説 日本文学
ページ数
240ページ (天国にいちばん近い島-地球の先っぽにある土人島での物語-)
配信開始日
2014年4月25日 (天国にいちばん近い島-地球の先っぽにある土人島での物語-)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad