電子書籍 麻酔と蘇生 高度医療時代の患者サーヴィス(中公新書) 新書

著: 土肥修司 

まずは、無料で試し読み

試し読み

15ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

麻酔と蘇生 高度医療時代の患者サーヴィス あらすじ・内容

十九世紀なかばに、アメリカ合衆国で初めてエーテル麻酔が行なわれるまで、手術室はまさに修羅場であった。しかし、それから一五〇年の間に、麻酔・蘇生学の領域は、単に痛みの軽減に留まらず、手術前から後への患者の全身的なケアまでを受け持つことになった。本書は、黎明期からの先人の苦心の跡を辿り、麻酔がかかる仕組みを探り、今後の手術室がより快適であるための方法と可能性を、大学病院の現場から報告するものである。

この作品を共有

「麻酔と蘇生 高度医療時代の患者サーヴィス(中公新書)」最新刊

十九世紀なかばに、アメリカ合衆国で初めてエーテル麻酔が行なわれるまで、手術室はまさに修羅場であった。しかし、それから一五〇年の間に、麻酔・蘇生学の領域は、単に痛みの軽減に留まらず、手術前から後への患者の全身的なケアまでを受け持つことになった。本書は、黎明期からの先人の苦心の跡を辿り、麻酔がかかる仕組みを探り、今後の手術室がより快適であるための方法と可能性を、大学病院の現場から報告するものである。

「麻酔と蘇生 高度医療時代の患者サーヴィス(中公新書)」の作品情報

レーベル
中公新書
出版社
中央公論新社
ジャンル
新書 医学・薬学
ページ数
247ページ (麻酔と蘇生 高度医療時代の患者サーヴィス)
配信開始日
2013年8月8日 (麻酔と蘇生 高度医療時代の患者サーヴィス)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad