電子書籍 イカロスの彷徨 警視庁捜査一課刑事・小々森八郎(中公文庫) 文芸・小説

著: 島崎佑貴 

まずは、無料で試し読み

試し読み

17ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

イカロスの彷徨 警視庁捜査一課刑事・小々森八郎 あらすじ・内容

都内路上で、筆舌に尽くしがたい残酷な拷問を受けた男性の死体が発見された。直ちに捜査本部が設置され、迷宮入り事件を担当していた小々森たち捜査一課特命捜査対策室四係にも、捜査への応援命令が下る。同じ頃、繁華街で新型覚醒剤が大量に出回っていると噂になっていた。一見、無関係と思われた二つの事件には意外な接点が!? 文庫書き下ろし

この作品を共有

「イカロスの彷徨 警視庁捜査一課刑事・小々森八郎(中公文庫)」最新刊

都内路上で、筆舌に尽くしがたい残酷な拷問を受けた男性の死体が発見された。直ちに捜査本部が設置され、迷宮入り事件を担当していた小々森たち捜査一課特命捜査対策室四係にも、捜査への応援命令が下る。同じ頃、繁華街で新型覚醒剤が大量に出回っていると噂になっていた。一見、無関係と思われた二つの事件には意外な接点が!? 文庫書き下ろし

「イカロスの彷徨 警視庁捜査一課刑事・小々森八郎(中公文庫)」の作品情報

レーベル
中公文庫
出版社
中央公論新社
ジャンル
文芸・小説 ミステリー・推理・サスペンス 日本文学
ページ数
355ページ (イカロスの彷徨 警視庁捜査一課刑事・小々森八郎)
配信開始日
2018年4月27日 (イカロスの彷徨 警視庁捜査一課刑事・小々森八郎)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad