電子書籍 勇之助世直し始末(コスミック時代文庫) 文芸・小説

著: 永井義男 

まずは、無料で試し読み

試し読み

21ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

孤剣 勇之助世直し始末 あらすじ・内容

天保十一年、江戸の風紀は乱れに乱れ、とくに堕落した幕府役人の間では、賄賂や不正がはびこっていた。幕臣の腐敗に業を煮やした目付・鳥居耀蔵は、使い捨てにできる若い侍を探し、きたるべき政治改革に向けて、極秘の計画を進める…。深川の岡場所をうろつく中川勇之助は、小人目付中川家の三男。いわゆる部屋住の身分である。将来に希望が持てず、自暴自棄となっていた勇之助は、深川で思わぬ刃傷沙汰に巻きこまれた。やくざとの喧嘩に負け、切腹さえも覚悟した勇之助の前に、実戦剣術の荒武者と、鳥居耀蔵の姪、お凛が現れる…。必殺の剣法を身につけた勇之助が、卑劣な役人どもを成敗する。

この作品を共有

「勇之助世直し始末(コスミック時代文庫)」最新刊

天保十一年の江戸。賄賂や不正がはびこる町奉行所の腐敗、そして寺社僧侶の目にあまる淫蕩ぶりに憤慨した鳥居耀蔵は、来るべき政治改革に向けて、着々と闇工作を推し進めていた。その実行役に選ばれた若き侍、中川勇之助は、幕府の佞臣を成敗するも、自らの命を鳥居に狙われ、田所町の裏長屋でひっそりと貧乏浪人暮らしを送っていた。そして鳥居は、悪党退治の裏仕事のため、ふたたび勇之助に白羽の矢を立てる。使い捨ての駒としての危惧を覚えつつ、勇之助は、鳥居耀蔵の姪・お凜とともに、その恐るべき実戦剣の腕を振るうのだが…。腐敗役人を懲らしめ不正を正す、勇之助とお凜の世直し活劇。

「勇之助世直し始末(コスミック時代文庫)」作品一覧

(2冊)

各528(税込)

まとめてカート

天保十一年、江戸の風紀は乱れに乱れ、とくに堕落した幕府役人の間では、賄賂や不正がはびこっていた。幕臣の腐敗に業を煮やした目付・鳥居耀蔵は、使い捨てにできる若い侍を探し、きたるべき政治改革に向けて、極秘の計画を進める…。深川の岡場所をうろつく中川勇之助は、小人目付中川家の三男。いわゆる部屋住の身分である。将来に希望が持てず、自暴自棄となっていた勇之助は、深川で思わぬ刃傷沙汰に巻きこまれた。やくざとの喧嘩に負け、切腹さえも覚悟した勇之助の前に、実戦剣術の荒武者と、鳥居耀蔵の姪、お凛が現れる…。必殺の剣法を身につけた勇之助が、卑劣な役人どもを成敗する。

天保十一年の江戸。賄賂や不正がはびこる町奉行所の腐敗、そして寺社僧侶の目にあまる淫蕩ぶりに憤慨した鳥居耀蔵は、来るべき政治改革に向けて、着々と闇工作を推し進めていた。その実行役に選ばれた若き侍、中川勇之助は、幕府の佞臣を成敗するも、自らの命を鳥居に狙われ、田所町の裏長屋でひっそりと貧乏浪人暮らしを送っていた。そして鳥居は、悪党退治の裏仕事のため、ふたたび勇之助に白羽の矢を立てる。使い捨ての駒としての危惧を覚えつつ、勇之助は、鳥居耀蔵の姪・お凜とともに、その恐るべき実戦剣の腕を振るうのだが…。腐敗役人を懲らしめ不正を正す、勇之助とお凜の世直し活劇。

「勇之助世直し始末(コスミック時代文庫)」の作品情報

レーベル
コスミック時代文庫
出版社
コスミック出版
ジャンル
文芸・小説 時代小説 歴史
ページ数
270ページ (孤剣 勇之助世直し始末)
配信開始日
2018年4月27日 (孤剣 勇之助世直し始末)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad