電子書籍 隼人始末剣 最強の本所方与力(コスミック時代文庫) 文芸・小説

著: 誉田龍一 

まずは、無料で試し読み

試し読み

24ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

隼人始末剣 最強の本所方与力 あらすじ・内容

本所方与力──大川以東の区域を取り締まる特殊な与力であったが、かつてこの地を治めた本所奉行の替わりに置かれていた。よって、屋敷を置く大名家ではいざという時に備え、奉行並の威信がある与力に袖の下を渡す者も多かった。そして今、この職に就いているのが上村隼人である。彼は庶民の暮らしを第一に考え、貰った紙包みはお救い小屋に贈り、また公明正大で、大名家も畏れる存在であった。人々は、その名をとって「上さま」と呼び、殿様よりも偉い上様(将軍)になぞらえたのだ。そんな本所の上さまの耳に、炭の値が高騰しているという報せが入る。その陰には、とある藩の野心が蠢いていて……。大名、恐るるに足りず!頼もしき与力の津田助広二尺三寸五分が、いざ閃く!!

この作品を共有

「隼人始末剣 最強の本所方与力(コスミック時代文庫)」最新刊

本所方与力、上村隼人──。大名屋敷も多い本所や深川を取り仕切る、この地域の事実上の実力者だったが、万一に備えて袖の下を渡す大名家もあり、ここでは将軍さまのような存在であった。それゆえ人々は、その苗字も重ね合わせて、「上さま」と呼んで親しんでいた。そんな上さま、時の南町奉行で上役の大岡越前守とも昵懇の仲。執念の捜索で必ず下手人を挙げる隼人の手腕を、大岡は大いに買ってくれたのだ。その信頼する大岡が討たれた、との報せが入った。現場に駆けつける隼人。そこで驚愕の光景を目にする。果たして大物奉行を狙った黒幕とは……!? そして捜索の末、あの親藩大名の野望を知ることに!今日も凄腕与力が、津田助広二尺三寸五分を抜いて悪を滅する!!

「隼人始末剣 最強の本所方与力(コスミック時代文庫)」作品一覧

(2冊)

各550(税込)

まとめてカート

本所方与力──大川以東の区域を取り締まる特殊な与力であったが、かつてこの地を治めた本所奉行の替わりに置かれていた。よって、屋敷を置く大名家ではいざという時に備え、奉行並の威信がある与力に袖の下を渡す者も多かった。そして今、この職に就いているのが上村隼人である。彼は庶民の暮らしを第一に考え、貰った紙包みはお救い小屋に贈り、また公明正大で、大名家も畏れる存在であった。人々は、その名をとって「上さま」と呼び、殿様よりも偉い上様(将軍)になぞらえたのだ。そんな本所の上さまの耳に、炭の値が高騰しているという報せが入る。その陰には、とある藩の野心が蠢いていて……。大名、恐るるに足りず!頼もしき与力の津田助広二尺三寸五分が、いざ閃く!!

本所方与力、上村隼人──。大名屋敷も多い本所や深川を取り仕切る、この地域の事実上の実力者だったが、万一に備えて袖の下を渡す大名家もあり、ここでは将軍さまのような存在であった。それゆえ人々は、その苗字も重ね合わせて、「上さま」と呼んで親しんでいた。そんな上さま、時の南町奉行で上役の大岡越前守とも昵懇の仲。執念の捜索で必ず下手人を挙げる隼人の手腕を、大岡は大いに買ってくれたのだ。その信頼する大岡が討たれた、との報せが入った。現場に駆けつける隼人。そこで驚愕の光景を目にする。果たして大物奉行を狙った黒幕とは……!? そして捜索の末、あの親藩大名の野望を知ることに!今日も凄腕与力が、津田助広二尺三寸五分を抜いて悪を滅する!!

「隼人始末剣 最強の本所方与力(コスミック時代文庫)」の作品情報

レーベル
コスミック時代文庫
出版社
コスミック出版
ジャンル
文芸・小説 時代小説 歴史
ページ数
244ページ (隼人始末剣 最強の本所方与力)
配信開始日
2018年5月25日 (隼人始末剣 最強の本所方与力)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad