電子書籍 銀座ママ麗子のビジネス事件簿 実用

著者: 高橋 朗 

まずは、無料で試し読み

試し読み

60ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

マーケティングは愛──銀座ママ麗子のビジネス事件簿1 あらすじ・内容

ストーリーを読むだけで、「マーケティングの本質」が分かる1冊!

トップ企業のマーケティング戦略策定に参画してきた著者が、細かな学術用語にこだわらず、「マーケティングとは何か」についてやさしく解説します。

マーケティングの基礎から応用知識、そして本質までが前提知識なしでスッキリ分かります。

小説+解説形式なので、堅苦しいビジネス書が苦手な人でも、楽しんでスイスイと読んでもらうことができるはずです。

■構成
大手化粧品メーカー・美声堂のマーケティング部長・小田原は、万全を期してリニューアル発売したヘアスタイリング剤がまったく売れず、頭をかかえていた。

「一体、なぜ売れないのか」。

小田原は、広告代理店・芸通の森崎と共に訪れていた銀座のクラブで、元外資系コンサルタント会社に勤めていたこともある麗子ママに教えを乞うことにした。

----
(麗子)……マーケティングが何か、お知りになられたい?
(小田原)はい
(麗子)では、教えてくださいと頼みなさい
(小田原)はい。教えていただけますでしょうか!

なんだか、すっかりSMの女王様と奴隷のようなやりとりになってきた。奴隷となった小田原はもちろん、黙ってやりとりを聞いていた森崎も、すっかり麗子の迫力にのまれていた。

(麗子)「では申し上げます。マーケティングとは、〈コミュニケーション〉のことです」
----

マーケティングのプロであった森崎らはどこで、何を間違えたのか?
刻々と追い込まれていくなか、汚名挽回のためのリベンジ・プロジェクトを成功させることができるのか。

■著者略歴
高橋 朗(たかはし・あきら)
学生時代から精神病院に勤務し、心理カウンセラーを目指す。24 歳のときに突如マーケティングに目覚め、コンサルティング会社に入社。以来29年間にわたってマーケティング畑を歩む。その間、自動車、化粧品、タバコ、通信、飲料、流通業界など、さまざまな業界のトップ企業のマーケティング戦略策定に参画。わかりやすい語り口と圧倒的な面白さで評判の、新世代コンサルタント。

この作品を共有

「銀座ママ麗子のビジネス事件簿」最新刊

戦略系コンサルタントが、「今だからこそ求められている新しいマネジメント論」を紹介していきます。

「権威主義的な上司」や「モチベーションの低い部下」にうんざりしていないでしょうか。

働き方が変わりつつある今、これまでのマネジメントはもう通用しません。
知識偏重の頭でっかちなマネジメントや小手先のテクニックでは、結局、人は動かせないのです。

役職の権威や個人の資質に頼らず、ヴィジョンを共有し納得してもらって自分や他人を動かす方法を伝授します。
本書を読めば、明日から“地に足がついたマネジメント”ができ、自分や組織を大胆に動かしていくことができるはずです。

小説+解説形式なので、堅苦しいビジネス書が苦手な人でも、楽しんでスイスイと読んでもらえます。

■日本のマネジメント層は甘やかされています!
・マネジメントする側にはリスクを取る覚悟が必要
・まず、ヴィジョンを明確にする
・朝令暮改でも問題ない!?
・マネジメントは社内コミュニケーション
・人間は感情の動物

今までのビジネス書では分からなかった難しいマーケティング理論が、物語を読みながら自然と身に付く、新感覚ビジネス小説の完結編。

■構成
ダイヤモンド生命に勤める平凡なサラリーマン・室坂利明のもとに、一本の電話がかかってきた。
時代遅れのマネジメントによって少しずつ蝕まれていたこの老舗は、不祥事をよって激しく揺さぶられることとなる。
会社を憂いて立ち上がった社員と広告代理店・芸通の森崎らのプロジェクトによって、ダイヤモンド生命は蘇れるか──。

■著者略歴
高橋 朗(たかはし・あきら)
 有限会社無敵ブランド代表取締役。学生時代から精神病院に勤務し、心理カウンセラーを目指す。24 歳のときに突如マーケティングに目覚め、コンサルティング会社に入社。以来29年間にわたってマーケティング畑を歩む。その間、自動車、化粧品、タバコ、通信、飲料、流通業界など、さまざまな業界のトップ企業のマーケティング戦略策定に参画。わかりやすい語り口と圧倒的な面白さで評判の、新世代コンサルタント。

「銀座ママ麗子のビジネス事件簿」作品一覧

(5冊)

各734(税込)

まとめてカート

トップ企業のマーケティング戦略策定に参画してきた著者が、細かな学術用語にこだわらず、「マーケティングとは何か」についてやさしく解説します。

マーケティングの基礎から応用知識、そして本質までが前提知識なしでスッキリ分かります。

小説+解説形式なので、堅苦しいビジネス書が苦手な人でも、楽しんでスイスイと読んでもらうことができるはずです。

■構成
大手化粧品メーカー・美声堂のマーケティング部長・小田原は、万全を期してリニューアル発売したヘアスタイリング剤がまったく売れず、頭をかかえていた。

「一体、なぜ売れないのか」。

小田原は、広告代理店・芸通の森崎と共に訪れていた銀座のクラブで、元外資系コンサルタント会社に勤めていたこともある麗子ママに教えを乞うことにした。

----
(麗子)……マーケティングが何か、お知りになられたい?
(小田原)はい
(麗子)では、教えてくださいと頼みなさい
(小田原)はい。教えていただけますでしょうか!

なんだか、すっかりSMの女王様と奴隷のようなやりとりになってきた。奴隷となった小田原はもちろん、黙ってやりとりを聞いていた森崎も、すっかり麗子の迫力にのまれていた。

(麗子)「では申し上げます。マーケティングとは、〈コミュニケーション〉のことです」
----

マーケティングのプロであった森崎らはどこで、何を間違えたのか?
刻々と追い込まれていくなか、汚名挽回のためのリベンジ・プロジェクトを成功させることができるのか。

■著者略歴
高橋 朗(たかはし・あきら)
学生時代から精神病院に勤務し、心理カウンセラーを目指す。24 歳のときに突如マーケティングに目覚め、コンサルティング会社に入社。以来29年間にわたってマーケティング畑を歩む。その間、自動車、化粧品、タバコ、通信、飲料、流通業界など、さまざまな業界のトップ企業のマーケティング戦略策定に参画。わかりやすい語り口と圧倒的な面白さで評判の、新世代コンサルタント。

マーケティングのプロが、これからの日本企業には必須となるブランド構築について、やさしく解説します。

人々の心理構造の読み解き方から、ターゲットの設定方法、ターゲットへの訴求方法まで、お金をかけなくても、中小企業でもできるブランディングがまるっと分かります。

小説+解説形式なので、堅苦しいビジネス書が苦手な人でも、楽しんでスイスイと読んでもらうことができるはずです。

■ブランドとは時間的価値。高いだけでは誰も買わない
・不況だから売れないわけではない
・欲求の二極化が起こっている
・現代人には4つの層がいる(知的ラディカル層、享楽的エリート層、小市民的保守層、無気力ノンポリ層)
・マジョリティが「分裂」し始めている

今までのビジネス書では分からなかった難しいマーケティング理論が、物語を読みながら自然と身に付く、新感覚ビジネス小説。

■構成
日本のビールメーカー・タイガービールは、ヨーロッパでヒットさせた高級ブランド・ビール「ニョライ」を、社運を賭けて日本へ逆輸入させることとなった。
コンペを勝ち抜いた広告代理店・芸通の森崎は、その一大プロジェクトに邁進していくこととなった。
しかし森崎は悩んでいた。
ヨーロッパではきめ細かさや日本製であることを武器に高級路線で成功したが、日本ではその武器は使えないし、日本にはすでに高級なビールがあり、外国産や地ビールも多い。
モノ余りの現代日本で、高級ビールが狙うのはどの層なのか、そしてブランドに込められた真心と時間的価値を、彼らにどうのように伝えればよいのか──。

■著者略歴
高橋 朗(たかはし・あきら)
 有限会社無敵ブランド代表取締役。学生時代から精神病院に勤務し、心理カウンセラーを目指す。24 歳のときに突如マーケティングに目覚め、コンサルティング会社に入社。以来29年間にわたってマーケティング畑を歩む。その間、自動車、化粧品、タバコ、通信、飲料、流通業界など、さまざまな業界のトップ企業のマーケティング戦略策定に参画。わかりやすい語り口と圧倒的な面白さで評判の、新世代コンサルタント。

「営業に向いてないかもしれない……」
グビを覚悟していたダメ営業マンが、コツをつかんでスゴイ事に!

マーケティングのプロが、「どうやったら相手が喜ぶコミュニケーションができるのか?」という観点から、“がんばるだけでは売れない時代”の必勝営業法をズバッと伝授します。

自分を印象づける演出力から、顧客のニーズを探る質問力、優位に立つ交渉テクニックまで、営業に苦手意識がある人でも、明日から実践できます。

小説+解説形式なので、堅苦しいビジネス書が苦手な人でも、楽しんでスイスイと読んでもらうことができるはずです。

■「お客様の言うことを何でも聞くことが誠意ではない」
・営業の基本は「見た目」
・「営業は足で稼ぐ」だけではダメですわよ
・商品や会社よりも「自分を売り込む」のが先
・場合によってプレゼントも効果的
・時間のかかることから優先的に着手する
・営業にも「仮説」が重要
・友達を一人でも作る能力さえあれば、営業は誰でも得意にできる

今までのビジネス書では分からなかった難しいマーケティング理論が、物語を読みながら自然と身に付く、新感覚ビジネス小説。

■構成
「私に上手な接客の仕方を教えてください」
クラブ喋々のホステス・香織のもとに、旧友の近藤深雪から電話がかかってきた。ダイニチ自動車のディーラーとして働く深雪は、努力しているのに売上が伸びず、悩んでいた。
香織は広告代理店・芸通の杉浦や麗子ママの助けを得ながら、深雪改造プロジェクトを実施していく。
深雪は「最強の営業マン」になれるのか──。

■著者略歴
高橋 朗(たかはし・あきら)
有限会社無敵ブランド代表取締役。学生時代から精神病院に勤務し、心理カウンセラーを目指す。24 歳のときに突如マーケティングに目覚め、コンサルティング会社に入社。以来29年間にわたってマーケティング畑を歩む。その間、自動車、化粧品、タバコ、通信、飲料、流通業界など、さまざまな業界のトップ企業のマーケティング戦略策定に参画。わかりやすい語り口と圧倒的な面白さで評判の、新世代コンサルタント。

「銀座ママ麗子のビジネス事件簿」の作品情報

レーベル
Panda Publishing
出版社
Panda Publishing
ジャンル
実用 ビジネス ダイレクト出版 同人誌・個人出版
ページ数
350ページ (マーケティングは愛──銀座ママ麗子のビジネス事件簿1)
配信開始日
2018年5月24日 (マーケティングは愛──銀座ママ麗子のビジネス事件簿1)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad