電子書籍 P+D BOOKS 地を潤すもの 文芸・小説

著: 曽野綾子 

まずは、無料で試し読み

試し読み

30ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

P+D BOOKS 地を潤すもの あらすじ・内容

戦犯として処刑された弟の“生と死の意味”。

第2次大戦後まもなく、現地住民虐殺の戦犯としてシンガポールで処刑された水島団。

それから30年の時を経て、兄の水島譲は弟が辿った死までの道のりを追体験してみようと、旅に出る。タイ・バンコクからマレー半島を列車と車で南下し、一路シンガポールへ。

かつて虐殺があった事件現場や団が刑死したチャンギ刑務所、そして墓地と、弟ゆかりの地を訪ねていくうち、事件の意外な真相が明らかになる。戦争を題材に、人間の生と死の意味を問う意欲作。

この作品を共有

「P+D BOOKS 地を潤すもの」最新刊

戦犯として処刑された弟の“生と死の意味”。

第2次大戦後まもなく、現地住民虐殺の戦犯としてシンガポールで処刑された水島団。

それから30年の時を経て、兄の水島譲は弟が辿った死までの道のりを追体験してみようと、旅に出る。タイ・バンコクからマレー半島を列車と車で南下し、一路シンガポールへ。

かつて虐殺があった事件現場や団が刑死したチャンギ刑務所、そして墓地と、弟ゆかりの地を訪ねていくうち、事件の意外な真相が明らかになる。戦争を題材に、人間の生と死の意味を問う意欲作。

「P+D BOOKS 地を潤すもの」の作品情報

レーベル
P+D BOOKS
出版社
小学館
ジャンル
文芸・小説 日本文学
ページ数
305ページ (P+D BOOKS 地を潤すもの)
配信開始日
2018年6月8日 (P+D BOOKS 地を潤すもの)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad