電子書籍 北アルプス白馬岳殺人連鎖 文芸・小説

著: 梓林太郎 

まずは、無料で試し読み

試し読み

34ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

北アルプス白馬岳殺人連鎖 あらすじ・内容

JR亀有駅北口交番に、「幼い頃、おもちゃ屋からダッコちゃん人形を盗んでしまった。二十数年経ったが、後悔は消えない。お詫びのしるしにお金を返したいが、かつてのおもち屋はないので探してほしい」との手紙と1万円が届いた。
心温まる美談として新聞記事になった途端、殺人が起きた。
作者によると、「この作品は、新聞に出ていた小さな記事がヒントになった」のだそうだ。
そして、次のようにつづける。
「私は毎朝、あるいは深夜、新聞を読んでいるが、ふと思考が、記事とはべつの方向へ流れてゆくことがある。映画を観ていても同じで、目はスクリーンを向いているが、脳は別の映像を映している。いずれも記事なり、映画の1シーンから起爆剤のようなショックを受けたためで、その一瞬が、長編小説の結末のヒントになる場合がある」。
いくつものどんでん返しがつづくが、驚きだけでなく、悲しくせつない想いにもさせらる超一級の作品だ。

この作品を共有

「北アルプス白馬岳殺人連鎖」最新刊

JR亀有駅北口交番に、「幼い頃、おもちゃ屋からダッコちゃん人形を盗んでしまった。二十数年経ったが、後悔は消えない。お詫びのしるしにお金を返したいが、かつてのおもち屋はないので探してほしい」との手紙と1万円が届いた。
心温まる美談として新聞記事になった途端、殺人が起きた。
作者によると、「この作品は、新聞に出ていた小さな記事がヒントになった」のだそうだ。
そして、次のようにつづける。
「私は毎朝、あるいは深夜、新聞を読んでいるが、ふと思考が、記事とはべつの方向へ流れてゆくことがある。映画を観ていても同じで、目はスクリーンを向いているが、脳は別の映像を映している。いずれも記事なり、映画の1シーンから起爆剤のようなショックを受けたためで、その一瞬が、長編小説の結末のヒントになる場合がある」。
いくつものどんでん返しがつづくが、驚きだけでなく、悲しくせつない想いにもさせらる超一級の作品だ。

「北アルプス白馬岳殺人連鎖」の作品情報

レーベル
――
出版社
シティブックス
ジャンル
文芸・小説 ミステリー・推理・サスペンス
ページ数
346ページ (北アルプス白馬岳殺人連鎖)
配信開始日
2018年6月8日 (北アルプス白馬岳殺人連鎖)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad