電子書籍 看護病棟 文芸・小説

著者: 宮内美沙子 

まずは、無料で試し読み

試し読み

43ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

看護病棟日記 あらすじ・内容

現役看護士が見た、生と死が行き交う“現場”

オムツを拒む老人患者。患者の臨終に間に合わなかった家族。ガン末期患者の心の葛藤――。病棟には、幾多の生と死があり、人間ドラマが生まれていく。よりよい看護って何だろう?様々な問題を抱えながら、看護士たちは日夜、頑張っている。現役の看護士が書いた、現場からの生の声。

この作品を共有

「看護病棟」最新刊

深夜のナースステーションに点る、患者からのナースコール。生と死が背中あわせの病棟に勤務する看護士たちに緊迫した時間が流れる。生命(いのち)の尊厳を守り、患者の心の声を聞き、ときにはその厳しさに涙することもある。だが、そんな彼女たちの笑顔にどれだけの患者が励まされてきたことだろう。〈看護士不足〉〈看護問題〉という深刻な社会問題に問いかける、現役看護士からの報告書(リポート)。

「看護病棟」作品一覧

(2冊)

462〜550(税込)

まとめてカート

オムツを拒む老人患者。患者の臨終に間に合わなかった家族。ガン末期患者の心の葛藤――。病棟には、幾多の生と死があり、人間ドラマが生まれていく。よりよい看護って何だろう?様々な問題を抱えながら、看護士たちは日夜、頑張っている。現役の看護士が書いた、現場からの生の声。

深夜のナースステーションに点る、患者からのナースコール。生と死が背中あわせの病棟に勤務する看護士たちに緊迫した時間が流れる。生命(いのち)の尊厳を守り、患者の心の声を聞き、ときにはその厳しさに涙することもある。だが、そんな彼女たちの笑顔にどれだけの患者が励まされてきたことだろう。〈看護士不足〉〈看護問題〉という深刻な社会問題に問いかける、現役看護士からの報告書(リポート)。

「看護病棟」の作品情報

レーベル
角川文庫
出版社
KADOKAWA
ジャンル
文芸・小説 日本文学 エッセイ
ページ数
218ページ (看護病棟日記)
配信開始日
2014年5月30日 (看護病棟日記)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad