電子書籍 ふたご探偵(角川書店単行本) 文芸・小説

著: ペニー・ワーナー  訳: 番 由美子  他

まずは、無料で試し読み

試し読み

23ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

ふたご探偵1 ゆうれい屋敷の暗号 あらすじ・内容

12歳のふたご、手品師失そう事件にいどむ。

大人気シリーズ『暗号クラブ』著者による新シリーズ。ミステリー好きの少女と手品好きの少年が組んで、3年前の迷宮入り事件を解決する!

この作品を共有

「ふたご探偵(角川書店単行本)」最新刊

一晩にして学校のプールが消えるという事件が起こる。ところが、数時間後にプールはふたたび出現した──目撃者のサミールは、クラスメイトたちにほら話だと疑われる。
ジェイクは、親友のためにプール消失のなぞを解こうとする。もちろんライラも一緒だ。
天才マジシャンの幽霊ウォルドは、なぞ解きに加わる代わりに、「脱出ゲーム」の企画を考えてほしいと言う。
3人はしだいに真相に近づいていくが──!

「ふたご探偵(角川書店単行本)」作品一覧

(4冊)

935〜968(税込)

まとめてカート

大人気シリーズ『暗号クラブ』著者による新シリーズ。ミステリー好きの少女と手品好きの少年が組んで、3年前の迷宮入り事件を解決する!

大人気シリーズ『暗号クラブ』著者による新シリーズ。ミステリー好きの少女と手品好きの少年が組んで、事件を解決する!

なぞ解(と)きが大好きなライラと、手品が大好きなジェイクは、仲良しのふたごのきょうだい。
担任の先生が急に姿を消した事件を解決しようと、捜査(そうさ)を始める。
そして、2年前に姿(すがた)を消した2人の母親の研究がかかわっているかもしれないと知る。
ウォルドーに教えてもらった地下通路を通って、研究所の場所をつきとめようとするが──。

「ふたご探偵(角川書店単行本)」の作品情報

レーベル
角川書店単行本
出版社
KADOKAWA
ジャンル
文芸・小説 日本文学 児童文学・童話・絵本
ページ数
231ページ (ふたご探偵1 ゆうれい屋敷の暗号)
配信開始日
2018年7月19日 (ふたご探偵1 ゆうれい屋敷の暗号)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad