電子書籍 法廷の王様(メディアワークス文庫) 文芸・小説

著者: 間宮夏生 

まずは、無料で試し読み

試し読み

45ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

法廷の王様 弁護士・霧島連次郎 あらすじ・内容

毒舌イケメン弁護士・霧島が難事件を華麗に逆転。痛快リーガルドラマ開幕!

 「俺以外に誰がいる?」
 傲岸不遜にして毒舌。けれど一度法廷に立てば、負け知らずの“法廷の王様”霧島に舞い込んだのは、ストーカー殺人で起訴された青年の弁護だった。
 とある事情から固辞する霧島だが、見かねた上司の計らいで渋々ながら元気が取り柄の新人女性弁護士・雨宮とともに弁護を引き受けることに。
 青年の自白と“完璧”な状況証拠によって有罪確実な事件を逆転すべく、霧島が暴いた真実とは――!?
 軽妙かつ爽快。法廷小説のニューヒーロー登場。

  • シェア:

「法廷の王様(メディアワークス文庫)」最新刊

 「俺以外に誰がいる?」
 傲岸不遜にして毒舌。けれど一度法廷に立てば、負け知らずの“法廷の王様”霧島に舞い込んだのは、ストーカー殺人で起訴された青年の弁護だった。
 とある事情から固辞する霧島だが、見かねた上司の計らいで渋々ながら元気が取り柄の新人女性弁護士・雨宮とともに弁護を引き受けることに。
 青年の自白と“完璧”な状況証拠によって有罪確実な事件を逆転すべく、霧島が暴いた真実とは――!?
 軽妙かつ爽快。法廷小説のニューヒーロー登場。

「法廷の王様(メディアワークス文庫)」の作品情報

レーベル
メディアワークス文庫
出版社
KADOKAWA
ジャンル
文芸・小説 日本文学
ページ数
229ページ (法廷の王様 弁護士・霧島連次郎)
配信開始日
2018年12月22日 (法廷の王様 弁護士・霧島連次郎)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad