電子書籍 復興計画 実用

著: 増田一生 

まずは、無料で試し読み

試し読み

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

関西私鉄王国の復興計画(上巻) あらすじ・内容

本書は、JRや自家用車に防戦一方である関西私鉄各社のうち、山陽・阪神・近鉄の補強ポイントとその対策を述べたものです。山陽は運賃政策、阪神はダイヤ設定、近鉄は特急政策に重点を置きました。JRに対する山陽の競争力強化策や、待避駅の増設なしに阪神へ近鉄特急を直通させる方法など、具体的なアイデアが満載です。

この作品を共有

「復興計画」最新刊

京阪間と阪神間の直通輸送においては、かつては私鉄が主導権を握っていたものの、近年はJRの猛攻の前に各社とも劣勢であると言われています。

では、京阪神間直通輸送におけるJR・京阪・阪急・阪神の実際のシェアや輸送量はどうなっているのでしょうか。

これについて具体的な数値を示した資料は驚くほど少ないのが実態です。それを可能な限り掘り起こし、今後の展望を探るのが本書の目的です。

第2部では、阪急と京福、京阪と叡電の連携についても述べています。

「復興計画」作品一覧

(4冊)

各330(税込)

まとめてカート

本書は、JRや自家用車に防戦一方である関西私鉄各社のうち、山陽・阪神・近鉄の補強ポイントとその対策を述べたものです。山陽は運賃政策、阪神はダイヤ設定、近鉄は特急政策に重点を置きました。JRに対する山陽の競争力強化策や、待避駅の増設なしに阪神へ近鉄特急を直通させる方法など、具体的なアイデアが満載です。

本書「関西私鉄王国の復興計画(中巻)」では、上巻の山陽・阪神・近鉄に続いて、南海・阪急・神鉄を取り上げています。南海は特急政策、神鉄はダイヤ設定、阪急は車両規格に重点を置いて論じています。難波から北に行けない南海、新開地の立地条件に難がある神鉄、神宝線と京都線の直通に制約がある阪急、といった課題を洗い出し、今後の進むべき道を示しています。下巻では京阪・名鉄を取り上げる予定です。

本書「関西私鉄王国の復興計画(下巻)」では、上巻の山陽・阪神・近鉄、中巻の南海・阪急・神鉄に続いて、名鉄と京阪を取り上げています。通常は「関西の私鉄」に名鉄を含めることはありませんが、経営環境が厳しい中京圏において奮闘を重ねてきた歴史に敬意を表して取り上げました。名鉄は車両規格が京阪と近く、その点でも両者の比較は有効です。その京阪は、大津線と中之島線の「二重の赤字」の克服が課題です。本書では、上下分離方式による分社化を視野に入れて解決策を示しました。

「復興計画」の作品情報

レーベル
BCCKS Distribution
出版社
BCCKS Distribution
ジャンル
実用 鉄道 ダイレクト出版 同人誌・個人出版
ページ数
42ページ (関西私鉄王国の復興計画(上巻))
配信開始日
2014年9月30日 (関西私鉄王国の復興計画(上巻))
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad