電子書籍 時空防衛隊1944(コスモノベルズ) 文芸・小説

著: 羅門祐人 

まずは、無料で試し読み

試し読み

35ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

時空防衛隊1944(1)戦乱の平和国家 あらすじ・内容

世界に先駆け超高速通信ネットワークの構築に成功して、未曾有の経済的繁栄を謳歌する20XX年の日本を、巨大な東海地震が襲った。日本国中が大パニックに陥るなか、一方では奇妙な現象が起きていた。自衛隊の東富士演習場の一角に小さなトンネルが出現したのだ。そこに姿を現わしたのは、大日本帝国陸軍の軍服を着た男たち…。極秘取材に訪れた軍事系出版社に勤める柳瀬美香とカメラマン松谷浩二は、彼らが正真正銘の帝国軍人であることを知った。このトンネルは昭和19年と現代とを結ぶ時空断層だったのだ。美香と松谷は彼らに導かれて『昭和世界』へと足を踏み入れた。そこで見たものは我々の歴史とは微妙に異なる世界だった。確かに日米戦が起こっていたが、首相には山本五十六、さらには連合艦隊も健在なのだった。協力を求められた二人は、政府・自衛隊をも巻き込み、電脳パワーを駆使して、新たな歴史の創造へ乗り出していく!?鬼才・羅門祐人が織りなすパラレルワールドの不思議体験の旅が始まる。

この作品を共有

「時空防衛隊1944(コスモノベルズ)」最新刊

昭和20年秋、B‐29による原爆投下を阻止し、奪取に成功した日本とアメリカは、停戦状態にあった。この状況を続けるために、イギリス本土を攻撃し続けるヒトラーのナチス・ドイツが新たな日米共通の敵に定められる。未来世界はミラクルシードの利権を守るため、昭和の日本とアメリカに武器を提供し、ドイツの爆撃計画―ホワイトプランを立案した。このためアメリカはB‐2爆撃機にバンカーバスターを積み、ドイツの原爆製造工場の爆破を企む。その一方で、ユダヤ人収容所には、アメリカ軍の精鋭部隊と時空防衛隊の空挺団が降下。捕虜救出作戦が決行された。ドイツ軍は懸命に防戦したが、強力な未来の軍隊に対抗する術もなく、アウシュビッツをはじめとする収容所は次々と解放され、未来人類が抱えるひとつのトラウマが解決した。だが、またしても未来アメリカが問題を複雑化。昭和世界への過度の干渉を始め、ミラクルシード利権の独占を図ったのである。困惑するばかりの未来日本をよそに、昭和世界の山本五十六首相の下した神速の決断とは!?驚愕の大団円が待つシリーズ最終巻。

「時空防衛隊1944(コスモノベルズ)」作品一覧

(5冊)

各330(税込)

まとめてカート

世界に先駆け超高速通信ネットワークの構築に成功して、未曾有の経済的繁栄を謳歌する20XX年の日本を、巨大な東海地震が襲った。日本国中が大パニックに陥るなか、一方では奇妙な現象が起きていた。自衛隊の東富士演習場の一角に小さなトンネルが出現したのだ。そこに姿を現わしたのは、大日本帝国陸軍の軍服を着た男たち…。極秘取材に訪れた軍事系出版社に勤める柳瀬美香とカメラマン松谷浩二は、彼らが正真正銘の帝国軍人であることを知った。このトンネルは昭和19年と現代とを結ぶ時空断層だったのだ。美香と松谷は彼らに導かれて『昭和世界』へと足を踏み入れた。そこで見たものは我々の歴史とは微妙に異なる世界だった。確かに日米戦が起こっていたが、首相には山本五十六、さらには連合艦隊も健在なのだった。協力を求められた二人は、政府・自衛隊をも巻き込み、電脳パワーを駆使して、新たな歴史の創造へ乗り出していく!?鬼才・羅門祐人が織りなすパラレルワールドの不思議体験の旅が始まる。

20XX年の日本は、混乱の極みにあった。時空トンネルによって繋がった『昭和世界』とどう付き合えば良いか、どうしても結論が出せなかった。いたずらに1カ月が過ぎた。そこへ『昭和世界』の生物遺伝子が『未来世界』と微妙に違うとの情報がもたらされた。それは安全な遺伝子操作が既に完了した新種が無尽蔵に存在することを意味した。IT革命が完成したこの時代、世界の覇権を握るカギは遺伝子情報工学である。巨大な利権の臭いに政治家たちは目の色を変えた。一方、『昭和世界』の山本五十六首相に連絡係を命じられた記者の柳瀬美香とカメラマン松谷浩二は、海軍の索敵能力の飛躍的向上に取り組んでいた。その第一歩として重巡最上を旗艦とする『栗田実験艦隊』と共にサイパンに出撃した。戦わないはずのこの艦隊の眼前に、フレッチャー少将の米22任務部隊が出現した。栗田長官は得意の夜間水雷戦を挑むが…。その頃『未来世界』では、内閣首脳が、昭和の秘密組織の黒幕である石原完爾と相対していた。波乱の未来と昭和。不可思議なパラレルワールドの物語は佳境へ。

未来世界の日本は、永遠の富の源泉となるミラクルシード(遺伝子配列が異なる動植物の奇跡の種子)をめぐるアメリカ合衆国などとの折衝を終え、昭和の大日本帝国へ実質的な軍隊を送ることに成功した。その名は「時空防衛隊」。憲法の規制により自衛隊の国外派遣は不可能なため、国連のPKFにボランティアが参加する形をとっているが、その実体は除隊したベテラン自衛官たちである。未来技術の援助により、昭和日本は着々と軍備を増強している。これがタイムギャップを加速したのかもしれない。昭和19年3月、ルーズベルト大統領が死去したが、この時、ロスアラモスでは原爆が完成し、間もなく実験が行なわれようとしていた。天才ハッカー館山勝利が米軍の暗号通信を解読し、この事実を知った未来日本は、なんとか原爆の投下を防ごうと作戦を練りはじめる。アメリカ軍の本格的な大反攻は、原爆完成とともに秒読み段階に入った。戦場はマリアナ諸島。総数100隻を超す米大艦隊が殺到する。迎え討つ時空防衛隊。勝敗の行方は!?奇想につぐ奇想の連続。羅門ワールドは、またもや読者を驚天動地に陥らせる。

「時空防衛隊1944(コスモノベルズ)」の作品情報

レーベル
コスモノベルズ
出版社
コスミック出版
ジャンル
文芸・小説 架空戦記
ページ数
264ページ (時空防衛隊1944(1)戦乱の平和国家)
配信開始日
2019年5月24日 (時空防衛隊1944(1)戦乱の平和国家)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad