電子書籍 傾城(けいせい) 徳川家康(光文社) 文芸・小説

著: 大塚卓嗣 

まずは、無料で試し読み

試し読み

18ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

傾城(けいせい) 徳川家康 あらすじ・内容

松平家の嫡男にして、尾張国の人質・竹千代は、その才を織田信長に気に入られるも、今川家との人質交換で、三河国へと移される。そこで竹千代は、申楽の師・観世十郎と出会い、駿府館で今川義元に近づく機会を得る。しかし、宿敵・義元からは、その眉目秀麗な容姿と才能を、歪んだ形で寵愛される。狂おしいほどの殺意を秘め、舞台は運命の桶狭間の合戦へと向かうのだが……。圧倒的熱量で描かれる超弩級のエンタメ歴史小説!

この作品を共有

「傾城(けいせい) 徳川家康(光文社)」最新刊

松平家の嫡男にして、尾張国の人質・竹千代は、その才を織田信長に気に入られるも、今川家との人質交換で、三河国へと移される。そこで竹千代は、申楽の師・観世十郎と出会い、駿府館で今川義元に近づく機会を得る。しかし、宿敵・義元からは、その眉目秀麗な容姿と才能を、歪んだ形で寵愛される。狂おしいほどの殺意を秘め、舞台は運命の桶狭間の合戦へと向かうのだが……。圧倒的熱量で描かれる超弩級のエンタメ歴史小説!

「傾城(けいせい) 徳川家康(光文社)」の作品情報

レーベル
――
出版社
光文社
ジャンル
文芸・小説 歴史 時代小説
ページ数
501ページ (傾城(けいせい) 徳川家康)
配信開始日
2019年5月31日 (傾城(けいせい) 徳川家康)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad