電子書籍 栗本薫と中島梓 世界最長の物語を書いた人(早川書房) 実用

著: 里中 高志 

まずは、無料で試し読み

試し読み

46ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

栗本薫と中島梓 世界最長の物語を書いた人 あらすじ・内容

栗本薫と中島梓、二つの名前を持ち、作家・評論家・演出家・音楽家など、才能を自在に操り多くの人たちに感動を与える稀有な存在でありながら、ついに自身の心理的葛藤による苦悩から逃れることはできなかった人。その生涯を関係者への取材と著作から検証する。

この作品を共有

「栗本薫と中島梓 世界最長の物語を書いた人(早川書房)」最新刊

栗本薫と中島梓、二つの名前を持ち、作家・評論家・演出家・音楽家など、才能を自在に操り多くの人たちに感動を与える稀有な存在でありながら、ついに自身の心理的葛藤による苦悩から逃れることはできなかった人。その生涯を関係者への取材と著作から検証する。

「栗本薫と中島梓 世界最長の物語を書いた人(早川書房)」の作品情報

レーベル
――
出版社
早川書房
ジャンル
実用
ページ数
469ページ (栗本薫と中島梓 世界最長の物語を書いた人)
配信開始日
2019年5月31日 (栗本薫と中島梓 世界最長の物語を書いた人)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad