電子書籍 「木崎くんと呼ばないで!」シリーズ ラノベ

完結
著者: 長物守  イラストレーター: みけおう 

まずは、無料で試し読み

試し読み

66ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

木崎くんと呼ばないで! あらすじ・内容

オタク男子が女子高生の恋を完全サポート!?

「皆おはよう! やっぱり朝のランニング30キロは気持ちいいね!」 年中ジャージ姿、総合格闘技もこなす運動神経、その爽やかなルックスから『彼氏にしたい女子No.1』と謳われる木崎湧(いや女子だから)。でも俺はある日見てしまう。ラブレターを片手に女子ブレザーで身を包んだ木崎の姿を。そして気づいてしまう。その表情があまりにも可憐で美しい乙女であることを――って!? 「み、見ないでよ、タクのバカッ!! こ、こうなったら極めるしか!!」 「やっぱ結局こうなるんかい!?」 恋に目覚めた超漢前の天然美少女・木崎湧を、なぜかギャルゲオタクの俺が完全サポート!? 爽やか青春&乙女育成系ラブコメディ!! ※電子版は文庫版と一部異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください

この作品を共有

「「木崎くんと呼ばないで!」シリーズ」最新巻

著者: 長物守  イラストレーター: みけおう 

600円(+税)

「ありがとう、タク……さよなら」 皆のジャー様こと、木崎湧がいなくなる!? 格闘技を学ぶため、ブラジルに留学することを決意した木崎。その事実を知ったタクローは、「……木崎には、夢を掴んでほしい。だから俺が止める資格なんか……」 密かに焦がれる想いを胸に留め、そのまま木崎を旅立たせようとする。だが、そんな状態のタクローを、幼馴染の花子は黙ってはいなかった。「タクちゃん、自分に嘘は駄目だよ」世界を見据えて夢へと飛び立つ木崎、その本心とは? 花子がいだく恋の行方は? そしてタクローが選んだ答えとは? 痛快漢女の純情浪漫、ここに堂々の完結! 「木崎っ、いや――湧っ!」 ※電子版は文庫版と一部異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください

「「木崎くんと呼ばないで!」シリーズ」作品一覧

(3冊)

550円〜600円(+税)

まとめてカート

著者: 長物守  イラストレーター: みけおう 

600円(+税)

「皆おはよう! やっぱり朝のランニング30キロは気持ちいいね!」 年中ジャージ姿、総合格闘技もこなす運動神経、その爽やかなルックスから『彼氏にしたい女子No.1』と謳われる木崎湧(いや女子だから)。でも俺はある日見てしまう。ラブレターを片手に女子ブレザーで身を包んだ木崎の姿を。そして気づいてしまう。その表情があまりにも可憐で美しい乙女であることを――って!? 「み、見ないでよ、タクのバカッ!! こ、こうなったら極めるしか!!」 「やっぱ結局こうなるんかい!?」 恋に目覚めた超漢前の天然美少女・木崎湧を、なぜかギャルゲオタクの俺が完全サポート!? 爽やか青春&乙女育成系ラブコメディ!! ※電子版は文庫版と一部異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください

著者: 長物守  イラストレーター: みけおう 

550円(+税)

学園の助っ人、ジャー様こと木崎湧の忙しくも騒がしい日常は今日も相変わらず。そんな彼女のジャーマネ以上恋人未満として居場所を得た俺に、超強力なライバルが出現した!? 「殿下、十年経ってもわたくし……お慕い申し上げておりましたわ」 「よくこの街に戻ってきたね、結菜」 木崎を理想の王子様『殿下』と慕う謎の幼馴染・風峰結菜の登場で、事態は予想外の方向へと動き出す! 「わたくし達、既に婚約指輪の交換を終えてますのよ?」 「うん……」 しかも木崎との婚約宣言まで飛び出す始末。どうやら今でも彼女には本当に木崎が男としか見えていないようで……!? 淡く切ない青春が駆け巡る、学園ラブコメディ第2弾! ※電子版は文庫版と一部異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください

著者: 長物守  イラストレーター: みけおう 

600円(+税)

「ありがとう、タク……さよなら」 皆のジャー様こと、木崎湧がいなくなる!? 格闘技を学ぶため、ブラジルに留学することを決意した木崎。その事実を知ったタクローは、「……木崎には、夢を掴んでほしい。だから俺が止める資格なんか……」 密かに焦がれる想いを胸に留め、そのまま木崎を旅立たせようとする。だが、そんな状態のタクローを、幼馴染の花子は黙ってはいなかった。「タクちゃん、自分に嘘は駄目だよ」世界を見据えて夢へと飛び立つ木崎、その本心とは? 花子がいだく恋の行方は? そしてタクローが選んだ答えとは? 痛快漢女の純情浪漫、ここに堂々の完結! 「木崎っ、いや――湧っ!」 ※電子版は文庫版と一部異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください

「「木崎くんと呼ばないで!」シリーズ」の作品情報

レーベル
GA文庫
出版社
SBクリエイティブ
ジャンル
ライトノベル 男性向け GA文庫大賞 ラブコメディ
ページ数
270ページ (木崎くんと呼ばないで!)
配信開始日
2012年10月11日 (木崎くんと呼ばないで!)
対応端末
  • PCブラウザビューア
  • Android(スマホ / タブレット)
  • iPhone / iPad