電子書籍 月のうさぎ(マンガの金字塔) マンガ

完結
著: 佐藤智一 

まずは、無料で試し読み

試し読み

13ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

月のうさぎ 1 あらすじ・内容

田舎の学校に転校してきた少年・木村カオル。そこは女子生徒の大原チアキ一人と先生一人だけの小さな分校だったが、前の所よりもカオルには居心地がよかった。そんなときカオルは風と共に現れた不思議な少年を校庭に見かける。チアキは「あいつは自分をてんぐだと思ってるばかな奴さ」と言うが…。「てんぐの弁当箱<前編>」「てんぐの弁当箱<後編>」を含む、「おじいちゃんの硯箱」」「古井戸」「天井裏の恋人」「おかめの散歩」の6作品を収録。佐藤智一の少し不思議な物語集。

この作品を共有
  

「月のうさぎ(マンガの金字塔)」最新刊

田舎の学校に転校してきた少年・木村カオル。そこは女子生徒の大原チアキ一人と先生一人だけの小さな分校だったが、前の所よりもカオルには居心地がよかった。そんなときカオルは風と共に現れた不思議な少年を校庭に見かける。チアキは「あいつは自分をてんぐだと思ってるばかな奴さ」と言うが…。「てんぐの弁当箱<前編>」「てんぐの弁当箱<後編>」を含む、「おじいちゃんの硯箱」」「古井戸」「天井裏の恋人」「おかめの散歩」の6作品を収録。佐藤智一の少し不思議な物語集。

「月のうさぎ(マンガの金字塔)」作品一覧

(4冊)

各330(税込)

まとめてカート

田舎の学校に転校してきた少年・木村カオル。そこは女子生徒の大原チアキ一人と先生一人だけの小さな分校だったが、前の所よりもカオルには居心地がよかった。そんなときカオルは風と共に現れた不思議な少年を校庭に見かける。チアキは「あいつは自分をてんぐだと思ってるばかな奴さ」と言うが…。「てんぐの弁当箱<前編>」「てんぐの弁当箱<後編>」を含む、「おじいちゃんの硯箱」」「古井戸」「天井裏の恋人」「おかめの散歩」の6作品を収録。佐藤智一の少し不思議な物語集。

田舎の学校に転校してきた少年・木村カオル。そこは女子生徒の大原チアキ一人と先生一人だけの小さな分校だったが、前の所よりもカオルには居心地がよかった。そんなときカオルは風と共に現れた不思議な少年を校庭に見かける。チアキは「あいつは自分をてんぐだと思ってるばかな奴さ」と言うが…。「てんぐの弁当箱<前編>」「てんぐの弁当箱<後編>」を含む、「おじいちゃんの硯箱」」「古井戸」「天井裏の恋人」「おかめの散歩」の6作品を収録。佐藤智一の少し不思議な物語集。

田舎の学校に転校してきた少年・木村カオル。そこは女子生徒の大原チアキ一人と先生一人だけの小さな分校だったが、前の所よりもカオルには居心地がよかった。そんなときカオルは風と共に現れた不思議な少年を校庭に見かける。チアキは「あいつは自分をてんぐだと思ってるばかな奴さ」と言うが…。「てんぐの弁当箱<前編>」「てんぐの弁当箱<後編>」を含む、「おじいちゃんの硯箱」」「古井戸」「天井裏の恋人」「おかめの散歩」の6作品を収録。佐藤智一の少し不思議な物語集。

「月のうさぎ(マンガの金字塔)」の作品情報

レーベル
マンガの金字塔
出版社
グループ・ゼロ
ジャンル
マンガ 青年マンガ 男性向け SF ファンタジー 完結
ページ数
132ページ (月のうさぎ 1)
配信開始日
2019年6月7日 (月のうさぎ 1)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad