電子書籍 秘密(東京創元社) 文芸・小説

著: ケイト・モートン  訳者: 青木純子 

まずは、無料で試し読み

試し読み

30ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

秘密 上 あらすじ・内容

1961年夏、サフォーク。少女だったローレルは偶然、恐ろしい事件を目撃する。突然現われた見知らぬ男の胸に、母がナイフを突き立てたのだ。ローレルはショックで気を失ってしまう。男は死亡し、その正体は当時、近隣に出没していた連続強盗犯と判明。ローレルの証言もあり、母の正当防衛が認められた。ローレルは、あのとき男が近寄りながら「やあ、ドロシー、久しぶりだね」と母に声をかけたことを警察には話さなかった。男は母を知っていたのだ。そして母も男を知っていた。彼は誰だったのか?2011年、ロンドン。国民的女優となったローレルは、死期の近づいた母の秘密をさぐりはじめる。なぜ、母はあの男を殺してしまったのだろう?彼と母のあいだに何があったのか?そして、母の本にはさまっていた写真の見知らぬ女性は誰なのか?その本に残された署名・ヴィヴィアンとは誰の名なのか?『忘れられた花園』に勝るとも劣らぬ謎が、読者を新たなる迷宮に誘う。

この作品を共有

「秘密(東京創元社)」最新刊

1941年、第二次世界大戦下のロンドン、ローレルの母ドロシー(ドリー)はまだ若く、裕福な一人暮らしの老婦人の屋敷に、メイドとして住み込んでいた。向かいの屋敷に住む作家の妻は、美しく洗練されていて、ドリーの憧れの的だった。国防婦人会の活動に参加し、彼女の手伝いをすることが、ドリーの生き甲斐になっていた。そんなある日、地元に残してきた両親と弟が空襲で亡くなったことを知る。ひとりぼっちになったドリーだったが、彼女には結婚を約束した写真家ジミーの存在があった。ふたりは海辺の家で暮らすことを夢見ていた。だがドリーの運命は急転回する。ロンドンの空襲、そして……。2011年、ローレルは、あの恐ろしい事件当時、母に抱かれていた弟とふたりで、母の過去を探りはじめる。メイド時代の母のこと、写真の女性のこと、高名な作家夫妻のこと……。さぐりつづけるうちに見えてきたのは思いも寄らぬ母の姿だった。母ドロシーの過去にはいったい何が隠されているのか?『忘れられた花園』で読者を物語の迷宮に誘い込んだケイト・モートンが、ふたたび贈る幾重にも絡み合う謎。

「秘密(東京創元社)」作品一覧

(2冊)

各1,834(税込)

まとめてカート

1961年夏、サフォーク。少女だったローレルは偶然、恐ろしい事件を目撃する。突然現われた見知らぬ男の胸に、母がナイフを突き立てたのだ。ローレルはショックで気を失ってしまう。男は死亡し、その正体は当時、近隣に出没していた連続強盗犯と判明。ローレルの証言もあり、母の正当防衛が認められた。ローレルは、あのとき男が近寄りながら「やあ、ドロシー、久しぶりだね」と母に声をかけたことを警察には話さなかった。男は母を知っていたのだ。そして母も男を知っていた。彼は誰だったのか?2011年、ロンドン。国民的女優となったローレルは、死期の近づいた母の秘密をさぐりはじめる。なぜ、母はあの男を殺してしまったのだろう?彼と母のあいだに何があったのか?そして、母の本にはさまっていた写真の見知らぬ女性は誰なのか?その本に残された署名・ヴィヴィアンとは誰の名なのか?『忘れられた花園』に勝るとも劣らぬ謎が、読者を新たなる迷宮に誘う。

1941年、第二次世界大戦下のロンドン、ローレルの母ドロシー(ドリー)はまだ若く、裕福な一人暮らしの老婦人の屋敷に、メイドとして住み込んでいた。向かいの屋敷に住む作家の妻は、美しく洗練されていて、ドリーの憧れの的だった。国防婦人会の活動に参加し、彼女の手伝いをすることが、ドリーの生き甲斐になっていた。そんなある日、地元に残してきた両親と弟が空襲で亡くなったことを知る。ひとりぼっちになったドリーだったが、彼女には結婚を約束した写真家ジミーの存在があった。ふたりは海辺の家で暮らすことを夢見ていた。だがドリーの運命は急転回する。ロンドンの空襲、そして……。2011年、ローレルは、あの恐ろしい事件当時、母に抱かれていた弟とふたりで、母の過去を探りはじめる。メイド時代の母のこと、写真の女性のこと、高名な作家夫妻のこと……。さぐりつづけるうちに見えてきたのは思いも寄らぬ母の姿だった。母ドロシーの過去にはいったい何が隠されているのか?『忘れられた花園』で読者を物語の迷宮に誘い込んだケイト・モートンが、ふたたび贈る幾重にも絡み合う謎。

「秘密(東京創元社)」の作品情報

レーベル
――
出版社
東京創元社
ジャンル
文芸・小説 ミステリー・推理・サスペンス 2015年「このミス」受賞作 このミステリーがすごい! 海外文学
ページ数
375ページ (秘密 上)
配信開始日
2014年11月7日 (秘密 上)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad