電子書籍 HOTELチョンマゲ版 HATAGO<旅籠> マンガ

完結
著: 石ノ森章太郎 

まずは、無料で試し読み

試し読み

31ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

HOTELチョンマゲ版 HATAGO<旅籠>(1) あらすじ・内容

料理上等ながら料金格安、サービス最高で宿賃最低という江戸一番の評判をとる旅籠・江戸屋。ある日、ゆきだおれの老人の面倒をみる事に。どうやら、大番頭の東次郎は老人を覚えているようで……!?(「横浜江戸屋」) 旅籠・江戸屋で料理の腕を振るう板元・徳三。その評判を聞きつけ、日本橋の料亭・菊膳から引き抜きの話が舞い込む。しかし、徳三は菊膳の主人に「漬け置き大根」を出し……!?(「舌足れの徳三」) 全5編収録。

この作品を共有

「HOTELチョンマゲ版 HATAGO<旅籠>」最新刊

英国政府役人のジョン・H・マッカーシー。旅籠・江戸屋に滞在しながら、独りで謎の建造物を岬に造っていた。そんなある日、浜に打ち上げられた少年を助けるが……!?(「生命の灯」) 大番頭の東次郎と意気投合し、旅籠・江戸屋に住んでいる宣教師・ヘップバーン。医学の知識と外国語の教え方が素晴らしいと評判になる。しかし、奉行所の役人が彼を捕らえに現われ……!?(「HOTELへのベル」) 全6編収録の完結巻!!

「HOTELチョンマゲ版 HATAGO<旅籠>」作品一覧

(2冊)

各440(税込)

まとめてカート

料理上等ながら料金格安、サービス最高で宿賃最低という江戸一番の評判をとる旅籠・江戸屋。ある日、ゆきだおれの老人の面倒をみる事に。どうやら、大番頭の東次郎は老人を覚えているようで……!?(「横浜江戸屋」) 旅籠・江戸屋で料理の腕を振るう板元・徳三。その評判を聞きつけ、日本橋の料亭・菊膳から引き抜きの話が舞い込む。しかし、徳三は菊膳の主人に「漬け置き大根」を出し……!?(「舌足れの徳三」) 全5編収録。

英国政府役人のジョン・H・マッカーシー。旅籠・江戸屋に滞在しながら、独りで謎の建造物を岬に造っていた。そんなある日、浜に打ち上げられた少年を助けるが……!?(「生命の灯」) 大番頭の東次郎と意気投合し、旅籠・江戸屋に住んでいる宣教師・ヘップバーン。医学の知識と外国語の教え方が素晴らしいと評判になる。しかし、奉行所の役人が彼を捕らえに現われ……!?(「HOTELへのベル」) 全6編収録の完結巻!!

「HOTELチョンマゲ版 HATAGO<旅籠>」の作品情報

レーベル
石ノ森章太郎デジタル大全
出版社
講談社
ジャンル
マンガ 完結 少年マンガ 男性向け 時代劇マンガ 青年マンガ 歴史
ページ数
218ページ (HOTELチョンマゲ版 HATAGO<旅籠>(1))
配信開始日
2014年11月28日 (HOTELチョンマゲ版 HATAGO<旅籠>(1))
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad