電子書籍 日本の使命 ―「正義」を世界に発信できる国家へ―(幸福の科学出版) 実用

著: 大川隆法 

まずは、無料で試し読み

試し読み

15ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

日本の使命 ―「正義」を世界に発信できる国家へ― あらすじ・内容

政府も野党もマスコミも、
なぜ黙っているのか?
中国に飲み込まれる
香港の自由と民主主義
香港200万人デモの次は
台湾、尖閣・沖縄にも悲劇が。

ホルムズ海峡「タンカー攻撃事件」
に隠された警告
信念も哲学もない
安倍外交の限界。
中東と米国の対立の
根源にある原因を説き明かす。

中国による自由への
弾圧が広がっている。
イラン情勢が緊迫の
度を増している。
世界の平和のために
日本が果たすべき使命とは。
この一冊に、
未来を切り拓く答えがある。

【されど不惜身命!
 幸福実現党立党10周年
 私たちには、命を懸けて
 やるべきことがある。】


【同時収録】
香港民主活動家 アグネス・チョウ、
イラン ハメネイ師&ロウハ二大統領 守護霊霊言

■■ しゅ・ご・れい【守護霊】 ■■
人間の潜在意識のことで、あの世から地上にいる人を守る過去世の魂。タテマエではない本音を語る性質がある。


■■ アグネス・チョウ(周庭)の人物紹介 ■■
1996年~。香港の社会運動家。香港浸会大学在学中。2014年、香港の民主化デモ「雨傘革命」で中心的な役割を果たし、「民主の女神」と呼ばれる。2016年、学生リーダーらと政党「香港衆志(デモシスト)」を創設。2018年には香港立法会(議会)の補欠選挙に出馬を表明するも、香港政府により立候補を認めない判断を下される。2019年6月、「逃亡犯条例」の改正に反対するデモに参加。デモ隊は103万人(主催者発表)に達し、香港返還後最大規模となった。


■■ ハサン・ロウハニの人物紹介 ■■
1948年~。イランの政治家。イスラム教シーア派の聖職者。テヘラン大学卒業後、イギリスのグラスゴー・カレドニアン大学に留学し、博士号を取得。イラン革命後に海外から帰国し、イラン・イラク戦争に参加、高等国防委員会委員、イラン空軍司令官、イラン国軍副司令官を歴任する。穏健派のラフサンジャニ元大統領の側近として知られ、2003~05年には核交渉責任者を務める。2013年、大統領選で過半数の票を獲得し、大統領に就任。


■■ アリー・ハメネイの人物紹介 ■■
1939年~。イランの宗教家、政治家。シーア派の聖地ナジャフの神学校で学んだ後、聖地コムの神学校ではホメイニに師事する。イラン革命に参加し、革命後は、イスラム革命評議会委員、国防次官、イスラム革命防衛隊司令官、最高国防会議議長などを歴任。1981年に大統領に就任し、1985年には再選を果たす。初代最高指導者であるホメイニの死後の1989年に、第2代最高指導者となる。


目次
まえがき
第一部 されど不惜身命!
    ―日本は紛争解決のリーダーとなれ

第二部 日本が対処すべき国際問題の主役たちの霊言
    ―アグネス・チョウ、ロウハニ大統領、ハメネイ師 守護霊の霊言
あとがき

この作品を共有

「日本の使命 ―「正義」を世界に発信できる国家へ―(幸福の科学出版)」最新刊

政府も野党もマスコミも、
なぜ黙っているのか?
中国に飲み込まれる
香港の自由と民主主義
香港200万人デモの次は
台湾、尖閣・沖縄にも悲劇が。

ホルムズ海峡「タンカー攻撃事件」
に隠された警告
信念も哲学もない
安倍外交の限界。
中東と米国の対立の
根源にある原因を説き明かす。

中国による自由への
弾圧が広がっている。
イラン情勢が緊迫の
度を増している。
世界の平和のために
日本が果たすべき使命とは。
この一冊に、
未来を切り拓く答えがある。

【されど不惜身命!
 幸福実現党立党10周年
 私たちには、命を懸けて
 やるべきことがある。】


【同時収録】
香港民主活動家 アグネス・チョウ、
イラン ハメネイ師&ロウハ二大統領 守護霊霊言

■■ しゅ・ご・れい【守護霊】 ■■
人間の潜在意識のことで、あの世から地上にいる人を守る過去世の魂。タテマエではない本音を語る性質がある。


■■ アグネス・チョウ(周庭)の人物紹介 ■■
1996年~。香港の社会運動家。香港浸会大学在学中。2014年、香港の民主化デモ「雨傘革命」で中心的な役割を果たし、「民主の女神」と呼ばれる。2016年、学生リーダーらと政党「香港衆志(デモシスト)」を創設。2018年には香港立法会(議会)の補欠選挙に出馬を表明するも、香港政府により立候補を認めない判断を下される。2019年6月、「逃亡犯条例」の改正に反対するデモに参加。デモ隊は103万人(主催者発表)に達し、香港返還後最大規模となった。


■■ ハサン・ロウハニの人物紹介 ■■
1948年~。イランの政治家。イスラム教シーア派の聖職者。テヘラン大学卒業後、イギリスのグラスゴー・カレドニアン大学に留学し、博士号を取得。イラン革命後に海外から帰国し、イラン・イラク戦争に参加、高等国防委員会委員、イラン空軍司令官、イラン国軍副司令官を歴任する。穏健派のラフサンジャニ元大統領の側近として知られ、2003~05年には核交渉責任者を務める。2013年、大統領選で過半数の票を獲得し、大統領に就任。


■■ アリー・ハメネイの人物紹介 ■■
1939年~。イランの宗教家、政治家。シーア派の聖地ナジャフの神学校で学んだ後、聖地コムの神学校ではホメイニに師事する。イラン革命に参加し、革命後は、イスラム革命評議会委員、国防次官、イスラム革命防衛隊司令官、最高国防会議議長などを歴任。1981年に大統領に就任し、1985年には再選を果たす。初代最高指導者であるホメイニの死後の1989年に、第2代最高指導者となる。


目次
まえがき
第一部 されど不惜身命!
    ―日本は紛争解決のリーダーとなれ

第二部 日本が対処すべき国際問題の主役たちの霊言
    ―アグネス・チョウ、ロウハニ大統領、ハメネイ師 守護霊の霊言
あとがき

「日本の使命 ―「正義」を世界に発信できる国家へ―(幸福の科学出版)」の作品情報

レーベル
――
出版社
幸福の科学出版
ジャンル
実用 宗教 政治 社会
ページ数
303ページ (日本の使命 ―「正義」を世界に発信できる国家へ―)
配信開始日
2019年7月3日 (日本の使命 ―「正義」を世界に発信できる国家へ―)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad