電子書籍 DJ_GASTRONOMIE(ディスカバー・ジャパン) 実用

まずは、無料で試し読み

試し読み

17ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

DJ_GASTRONOMIE 2017年8月号「もっと知りたい クラフトビール」 あらすじ・内容

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

その丁寧なつくりと味わいの多様さから、男女問わず幅広い世代で注目を集め続けるクラフトビール。
大手ビール企業もさまざまな商品を開発し、我々の暮らしに馴染んでいます。
しかし一方で、なぜそれほどに虜になってしまうのか。
その魅力を伝えられる人は多くありません。
本書では、数あるクラフトビールの醍醐味のなかでも、銘柄による「味の違い」に注目。
市場の拡大を視野に入れながら、メインコンテンツとして、ピルスナーやペールエールなどのスタイル別=味の傾向別の、クラフトビールカタログを収録しています。
ビール好きはもちろん、初心者にとっても楽しめる一冊となっています。
ぜひ、自分好みの語れるビールを見つけてください!
※本誌の一部は『別冊Discover Japan ニッポンのクラフトビール』を加筆、再編集したものです。
※デジタル版は、紙の雑誌とは内容が一部異なり、表紙画像や目次に掲載している記事、画像、広告、付録が含まれない場合があります。また、本誌掲載の情報は、原則として奥付に表記している発行時のものです。※2019年1月まで、「エイ出版社」名義で配信していたものと同一の雑誌です。

この作品を共有

「DJ_GASTRONOMIE(ディスカバー・ジャパン)」最新刊

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

その丁寧なつくりと味わいの多様さから、男女問わず幅広い世代で注目を集め続けるクラフトビール。
大手ビール企業もさまざまな商品を開発し、我々の暮らしに馴染んでいます。
しかし一方で、なぜそれほどに虜になってしまうのか。
その魅力を伝えられる人は多くありません。
本書では、数あるクラフトビールの醍醐味のなかでも、銘柄による「味の違い」に注目。
市場の拡大を視野に入れながら、メインコンテンツとして、ピルスナーやペールエールなどのスタイル別=味の傾向別の、クラフトビールカタログを収録しています。
ビール好きはもちろん、初心者にとっても楽しめる一冊となっています。
ぜひ、自分好みの語れるビールを見つけてください!
※本誌の一部は『別冊Discover Japan ニッポンのクラフトビール』を加筆、再編集したものです。
※デジタル版は、紙の雑誌とは内容が一部異なり、表紙画像や目次に掲載している記事、画像、広告、付録が含まれない場合があります。また、本誌掲載の情報は、原則として奥付に表記している発行時のものです。※2019年1月まで、「エイ出版社」名義で配信していたものと同一の雑誌です。

「DJ_GASTRONOMIE(ディスカバー・ジャパン)」作品一覧

(3冊)

各1,528(税込)

まとめてカート

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

その丁寧なつくりと味わいの多様さから、男女問わず幅広い世代で注目を集め続けるクラフトビール。
大手ビール企業もさまざまな商品を開発し、我々の暮らしに馴染んでいます。
しかし一方で、なぜそれほどに虜になってしまうのか。
その魅力を伝えられる人は多くありません。
本書では、数あるクラフトビールの醍醐味のなかでも、銘柄による「味の違い」に注目。
市場の拡大を視野に入れながら、メインコンテンツとして、ピルスナーやペールエールなどのスタイル別=味の傾向別の、クラフトビールカタログを収録しています。
ビール好きはもちろん、初心者にとっても楽しめる一冊となっています。
ぜひ、自分好みの語れるビールを見つけてください!
※本誌の一部は『別冊Discover Japan ニッポンのクラフトビール』を加筆、再編集したものです。
※デジタル版は、紙の雑誌とは内容が一部異なり、表紙画像や目次に掲載している記事、画像、広告、付録が含まれない場合があります。また、本誌掲載の情報は、原則として奥付に表記している発行時のものです。※2019年1月まで、「エイ出版社」名義で配信していたものと同一の雑誌です。

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

ニッポンのお茶が今、世界で注目されていることを知っていますか?
海外のある一流ホテルがつくり手とその味に惚れ込んで、
ラウンジで提供するドリンクに選んだのは日本茶。
さらにはフランスの一流シェフが日本茶と料理のペアリングを愉しんだりと、
世界の要人がこぞって日本茶に注目しており、
お茶の輸出量は20年間で10倍以上にも。
本書では、日本のお茶を産地、種類ごとにきりとり、
海外の目線も盛り込みながらその魅力を解説。
また、テイスティング比較した全国のお茶カタログ、
美味しいお茶の淹れ方など、実用的な情報も盛りだくさんでお届けします。
この一冊でお茶の世界は広がり、
毎日のお茶の時間が格段に愉しくなるはずです。
※本誌のために取材・撮影した記事のほか、これまで雑誌『Discover Japan』が取材してきた内容の一部を再編集し、構成したものを含みます。
※デジタル版は、紙の雑誌とは内容が一部異なり、表紙画像や目次に掲載している記事、画像、広告、付録が含まれない場合があります。また、本誌掲載の情報は、原則として奥付に表記している発行時のものです。※2019年1月まで、「エイ出版社」名義で配信していたものと同一の雑誌です。

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

ここ数年で、日本のワインが劇的に美味しくなっています。
日本で栽培されたブドウを原料に
日本でつくられたワインを「日本ワイン」と呼びますが、
ブドウの品質の向上とつくり手の進化により、
いま急激な変化が起こっているのです。
今回のムックは、
人気料理研究家でありワインバーの店主でもある
平野由希子さんの監修のもと
「日本ワインの楽しさを知るために飲むべき30のワイン」を紹介。
一つひとつのワインにぴったりの料理レシピも掲載しています。
いま日本には300近いワイナリーが存在しているといわれますが、
まずは是非、この本に掲載されているワインから飲み進めてみましょう。
きっと、日本ワインの虜になるはずです!
※デジタル版は、紙の雑誌とは内容が一部異なり、表紙画像や目次に掲載している記事、画像、広告、付録が含まれない場合があります。また、本誌掲載の情報は、原則として奥付に表記している発行時のものです。※2019年1月まで、「エイ出版社」名義で配信していたものと同一の雑誌です。

「DJ_GASTRONOMIE(ディスカバー・ジャパン)」の作品情報

レーベル
――
出版社
ディスカバー・ジャパン
ジャンル
実用 雑誌
ページ数
174ページ (DJ_GASTRONOMIE 2017年8月号「もっと知りたい クラフトビール」)
配信開始日
2017年9月1日 (DJ_GASTRONOMIE 2017年8月号「もっと知りたい クラフトビール」)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad