電子書籍 ルース・スレンチェンスカ 九十四歳のピアニスト 一音で語りかける(のこす言葉 KOKORO BOOKLET) 実用

著: ルース・スレンチェンスカ  編著: 大野陽子 

まずは、無料で試し読み

試し読み

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

ルース・スレンチェンスカ 九十四歳のピアニスト 一音で語りかける あらすじ・内容

4歳でデビュー、ラフマニノフやバックハウスなどの指導を受け、神童・天才の名をほしいままにした米国生まれ、94歳のピアニストが語る、苦難を乗り越え続けた奇跡の生涯。

この作品を共有

「ルース・スレンチェンスカ 九十四歳のピアニスト 一音で語りかける(のこす言葉 KOKORO BOOKLET)」最新刊

4歳でデビュー、ラフマニノフやバックハウスなどの指導を受け、神童・天才の名をほしいままにした米国生まれ、94歳のピアニストが語る、苦難を乗り越え続けた奇跡の生涯。

「ルース・スレンチェンスカ 九十四歳のピアニスト 一音で語りかける(のこす言葉 KOKORO BOOKLET)」の作品情報

レーベル
のこす言葉 KOKORO BOOKLET
出版社
平凡社
ジャンル
実用 エッセイ 音楽
ページ数
98ページ (ルース・スレンチェンスカ 九十四歳のピアニスト 一音で語りかける)
配信開始日
2019年7月5日 (ルース・スレンチェンスカ 九十四歳のピアニスト 一音で語りかける)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad