電子書籍 ハートのレオナ(主婦と生活社) 文芸・小説

著: MISIA  著: 大宮エリー 

まずは、無料で試し読み

試し読み

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

ハートのレオナ あらすじ・内容

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

本書は、アフリカを想い、子どもたちの明るい未来を願い続けてきたMISIAだからこそ
紡ぐことができたアフリカのハートを伝える物語です。
「少しでもアフリカを身近に感じでほしい。
 データや歴史で語れるアフリカではなく、リアルなアフリカを知ってほしい」
との願いから、主人公が旅する場所はすべて、MISIAが実際に訪れた国。
世界を知ることは、大切なものに気づき、守っていくことに、きっとつながっていきます。
あなたもぜひ、本書の主人公といっしょにアフリカ大陸を旅して、
人と人がつながり、心と心がつながる幸せを体験してください。
作画は、新進気鋭の画家、大宮エリー。


〈あらすじ〉
ある日、ライオンの女の子・レオナは友だちのペリカン・ムワリに打ち明けました。
「わたしもムワリみたいにアフリカを旅したい!」
すぐにでかければ、その日の夕方には帰ってこられると思ったのです。けれど…
「ムリだよ! アフリカはとーっても広いんだ。国も50以上もあるんだよ!」
と、ムワリが言うから、レオナはびっくり。
そこでレオナとムワリは作戦会議をして、3日後の夜明けに出発することに決めました。

こうして、レオナとムワリは、冒険の旅にでます。
旅先では、バオバブの長老に会い、土地に伝わる音楽を聴き、文字を学ぶ大切さや命の尊さを知り──。
旅から戻ったレオナが、家族に伝えたことは…?


●特別付録 アフリカ54か国紹介&MAP

この作品を共有

「ハートのレオナ(主婦と生活社)」最新刊

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

本書は、アフリカを想い、子どもたちの明るい未来を願い続けてきたMISIAだからこそ
紡ぐことができたアフリカのハートを伝える物語です。
「少しでもアフリカを身近に感じでほしい。
 データや歴史で語れるアフリカではなく、リアルなアフリカを知ってほしい」
との願いから、主人公が旅する場所はすべて、MISIAが実際に訪れた国。
世界を知ることは、大切なものに気づき、守っていくことに、きっとつながっていきます。
あなたもぜひ、本書の主人公といっしょにアフリカ大陸を旅して、
人と人がつながり、心と心がつながる幸せを体験してください。
作画は、新進気鋭の画家、大宮エリー。


〈あらすじ〉
ある日、ライオンの女の子・レオナは友だちのペリカン・ムワリに打ち明けました。
「わたしもムワリみたいにアフリカを旅したい!」
すぐにでかければ、その日の夕方には帰ってこられると思ったのです。けれど…
「ムリだよ! アフリカはとーっても広いんだ。国も50以上もあるんだよ!」
と、ムワリが言うから、レオナはびっくり。
そこでレオナとムワリは作戦会議をして、3日後の夜明けに出発することに決めました。

こうして、レオナとムワリは、冒険の旅にでます。
旅先では、バオバブの長老に会い、土地に伝わる音楽を聴き、文字を学ぶ大切さや命の尊さを知り──。
旅から戻ったレオナが、家族に伝えたことは…?


●特別付録 アフリカ54か国紹介&MAP

「ハートのレオナ(主婦と生活社)」の作品情報

レーベル
――
出版社
主婦と生活社
ジャンル
文芸・小説 児童文学・童話・絵本 旅・地域情報 旅行・地域情報
ページ数
72ページ (ハートのレオナ)
配信開始日
2019年7月26日 (ハートのレオナ)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad