電子書籍 かみそり同心 松平定信(コスミック時代文庫) 文芸・小説

著: 藤村与一郎 

まずは、無料で試し読み

試し読み

22ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

かみそり同心 松平定信 あらすじ・内容

かつては老中として政治の実権を握り、寛政の改革を推し進めた稀代の傑物・松平定信。かの名君・徳川吉宗の孫にあたり、将軍候補にもあがった雲上人ではあるものの、贅沢をいましめ、質実剛健をよしとする、風変わりな貴人である。政敵によって老中職を追われ、失意のまま引退するかと思われた定信であったが、なんと第二の人生として選んだ職務は、奉行所の町方同心。政治家であったころから、いつかは庶民の目線で悪を取り締まりたい、と願っていた定信にとって、同心はまさに夢の職業だったのだ。かみそりのごとき鋭利な知性で探索に乗りだす、新人同心・松平守之介の活躍やいかに!?痛快・新シリーズ開幕!

この作品を共有

「かみそり同心 松平定信(コスミック時代文庫)」最新刊

寛政の改革により、乱れた世の風紀をただそうとこころみた、名老中・松平定信。将軍を継げるほどの家柄でありながら、誰よりも質素な暮らしを好み、高潔な人物として知られていた。だが、その定信、老中を辞めたいま、ひょんなことから奉行所の同心となり、より庶民に近い場所で働くこととなった。となると、何事も杓子定規では進まぬのが世の常―。定信は、ときにおのれの厳しすぎるおこないを反省し、人情の機微を学びつつ、役目を果たしていくのであった。かつては幕府を動かし世を動かしていた、かみそりのごとき鋭利な頭脳が隠れた悪をあぶりだす、老同心の痛快シリーズ第二弾!

「かみそり同心 松平定信(コスミック時代文庫)」作品一覧

(2冊)

726〜737(税込)

まとめてカート

かつては老中として政治の実権を握り、寛政の改革を推し進めた稀代の傑物・松平定信。かの名君・徳川吉宗の孫にあたり、将軍候補にもあがった雲上人ではあるものの、贅沢をいましめ、質実剛健をよしとする、風変わりな貴人である。政敵によって老中職を追われ、失意のまま引退するかと思われた定信であったが、なんと第二の人生として選んだ職務は、奉行所の町方同心。政治家であったころから、いつかは庶民の目線で悪を取り締まりたい、と願っていた定信にとって、同心はまさに夢の職業だったのだ。かみそりのごとき鋭利な知性で探索に乗りだす、新人同心・松平守之介の活躍やいかに!?痛快・新シリーズ開幕!

寛政の改革により、乱れた世の風紀をただそうとこころみた、名老中・松平定信。将軍を継げるほどの家柄でありながら、誰よりも質素な暮らしを好み、高潔な人物として知られていた。だが、その定信、老中を辞めたいま、ひょんなことから奉行所の同心となり、より庶民に近い場所で働くこととなった。となると、何事も杓子定規では進まぬのが世の常―。定信は、ときにおのれの厳しすぎるおこないを反省し、人情の機微を学びつつ、役目を果たしていくのであった。かつては幕府を動かし世を動かしていた、かみそりのごとき鋭利な頭脳が隠れた悪をあぶりだす、老同心の痛快シリーズ第二弾!

「かみそり同心 松平定信(コスミック時代文庫)」の作品情報

レーベル
コスミック時代文庫
出版社
コスミック出版
ジャンル
文芸・小説 歴史 時代小説
ページ数
288ページ (かみそり同心 松平定信)
配信開始日
2019年7月26日 (かみそり同心 松平定信)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad