電子書籍 経済学に何ができるか 文明社会の制度的枠組み(中公新書) 新書

著: 猪木武徳 

まずは、無料で試し読み

試し読み

12ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

経済学に何ができるか 文明社会の制度的枠組み あらすじ・内容

さまざまな「価値」がぶつかり合う、現代の自由社会。その結果、数々の難問が私たちの前に立ちはだかっている。金融危機、中央銀行のあり方、格差と貧困、知的独占の功罪、自由と平等のバランス、そして人間にとって正義とは、幸福とは――。本書は、経済学の基本的な論理を解説しながら、問題の本質に迫る。鍵を握るのは「制度」の役割である。デモクラシーのもとにおける経済学の可能性と限界を問い直す試み。

この作品を共有

「経済学に何ができるか 文明社会の制度的枠組み(中公新書)」最新刊

さまざまな「価値」がぶつかり合う、現代の自由社会。その結果、数々の難問が私たちの前に立ちはだかっている。金融危機、中央銀行のあり方、格差と貧困、知的独占の功罪、自由と平等のバランス、そして人間にとって正義とは、幸福とは――。本書は、経済学の基本的な論理を解説しながら、問題の本質に迫る。鍵を握るのは「制度」の役割である。デモクラシーのもとにおける経済学の可能性と限界を問い直す試み。

「経済学に何ができるか 文明社会の制度的枠組み(中公新書)」の作品情報

レーベル
中公新書
出版社
中央公論新社
ジャンル
新書 哲学 思想 経済
ページ数
250ページ (経済学に何ができるか 文明社会の制度的枠組み)
配信開始日
2019年8月9日 (経済学に何ができるか 文明社会の制度的枠組み)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad