電子書籍 「月刊WiLL」立林編集長リーディング(幸福の科学出版) 実用

著: 大川隆法 

まずは、無料で試し読み

試し読み

13ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

「月刊WiLL」立林編集長リーディング あらすじ・内容

参院選の前後のタイミングで、
なぜ幸福の科学に対する
批判記事を掲載したのか?
――その本当の理由と背景を探る。

一方的な主張を、
裏付け取材もないまま
記事にし、内容の判断は
読者に委ねる!?

幸福実現党には選挙から
身を引いてほしい――
政府筋からの要望に対する
“忖度(そんたく)”があったのか!?

そこに保守系雑誌としての
「公平性」はあるのか。
ジャーナリズムの使命と、
そのあり方を問う!



■■ 立林昭彦の人物紹介 ■■
1946年~。雑誌編集者。「月刊WiLL」編集長。成蹊大学卒。文藝春秋に入社後、「文藝春秋」「週刊文春」等を経て、「諸君!」の編集長となる。その後、取締役、月刊文藝春秋局長を歴任。2009年より、ワックにて隔月刊誌「歴史通」創刊から編集長を務め、2016年より現職。

この作品を共有

「「月刊WiLL」立林編集長リーディング(幸福の科学出版)」最新刊

参院選の前後のタイミングで、
なぜ幸福の科学に対する
批判記事を掲載したのか?
――その本当の理由と背景を探る。

一方的な主張を、
裏付け取材もないまま
記事にし、内容の判断は
読者に委ねる!?

幸福実現党には選挙から
身を引いてほしい――
政府筋からの要望に対する
“忖度(そんたく)”があったのか!?

そこに保守系雑誌としての
「公平性」はあるのか。
ジャーナリズムの使命と、
そのあり方を問う!



■■ 立林昭彦の人物紹介 ■■
1946年~。雑誌編集者。「月刊WiLL」編集長。成蹊大学卒。文藝春秋に入社後、「文藝春秋」「週刊文春」等を経て、「諸君!」の編集長となる。その後、取締役、月刊文藝春秋局長を歴任。2009年より、ワックにて隔月刊誌「歴史通」創刊から編集長を務め、2016年より現職。

「「月刊WiLL」立林編集長リーディング(幸福の科学出版)」の作品情報

レーベル
――
出版社
幸福の科学出版
ジャンル
実用 宗教
ページ数
262ページ (「月刊WiLL」立林編集長リーディング)
配信開始日
2019年8月24日 (「月刊WiLL」立林編集長リーディング)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad