電子書籍 銀行頭取(講談社文庫) 文芸・小説

著: 山田智彦 

まずは、無料で試し読み

試し読み

30ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

銀行頭取(上) あらすじ・内容

巨大銀行のワンマン頭取が、老人ボケに! 次期頭取の椅子を狙い、幹部たちが動きだす。盗聴・誘惑・罠……泥沼化する権力争い。権力への執念は、人間をこうも変えるのか。望月竹盛は思い迷いながらも、すでに引き返せないところまで来ているのを感じた。「えい、行くのみだ!」――銀行内部に展開する権力の知られざる醜い実態=ドラマを描く長篇小説。<全2巻>

この作品を共有

「銀行頭取(講談社文庫)」最新刊

白熱した頭取レースは、国境をも越える。ブラジル、ギリシャ、バンコクの取引先にまで及び、虚々実々の駆け引きが繰り返される。ますます深まる混迷の中で、はたして最終勝利者は誰になるのか? そして「頭取の椅子」をめぐる幹部たちの暗闘と、「組織の陰謀」を暴く激闘のクライマックスは、意外な方向へと展開! 頭取の椅子をめぐる大ドラマを活写する傑作。

「銀行頭取(講談社文庫)」作品一覧

(2冊)

各770(税込)

まとめてカート

巨大銀行のワンマン頭取が、老人ボケに! 次期頭取の椅子を狙い、幹部たちが動きだす。盗聴・誘惑・罠……泥沼化する権力争い。権力への執念は、人間をこうも変えるのか。望月竹盛は思い迷いながらも、すでに引き返せないところまで来ているのを感じた。「えい、行くのみだ!」――銀行内部に展開する権力の知られざる醜い実態=ドラマを描く長篇小説。<全2巻>

白熱した頭取レースは、国境をも越える。ブラジル、ギリシャ、バンコクの取引先にまで及び、虚々実々の駆け引きが繰り返される。ますます深まる混迷の中で、はたして最終勝利者は誰になるのか? そして「頭取の椅子」をめぐる幹部たちの暗闘と、「組織の陰謀」を暴く激闘のクライマックスは、意外な方向へと展開! 頭取の椅子をめぐる大ドラマを活写する傑作。

「銀行頭取(講談社文庫)」の作品情報

レーベル
講談社文庫
出版社
講談社
ジャンル
文芸・小説 日本文学
ページ数
435ページ (銀行頭取(上))
配信開始日
2019年8月23日 (銀行頭取(上))
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad