電子書籍 Thinkers50 実用

まずは、無料で試し読み

試し読み

25ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

Thinkers50 マネジメント あらすじ・内容

本質をこの1冊で。“THINKERS50”シリーズ第1弾!
人を動かし、会社を動かし、成長と成功に至るための思考。
最高の知性に学ぶ実践的経営論!

マネジメントは世の中を形づくり、私たちを混沌から守る大切な砦であり、
何かを実現する使命を帯びた職業である。
本書はマネジメントにまつわる古今の優れたアイデアを集め、
ビジネス思想の大家たちとの対話をまじえながら
現代的な視点からその意味を解き明かすことを目的としている。
マネジメント理論の基礎、本質、最先端が詰まった一冊。

≪本書に登場する主なビジネス思想家≫ヘンリー・ミンツバーグ、ダニエル・ピンク、リンダ・グラットン、ゲイリー・ハメル、
ロザベス・モス・カンター、ジョン・コッター、C.K.プラハラード、デービッド・ノートン、
ダニエル・ゴールマン、ジェームズ・チャンピー、デイビッド・ウルリッチ ほか

≪Thinkers 50とは≫
Thinkers 50は、マネジメント思想を調査、ランク付けしたうえで世の中に広く紹介する取り組み。
2001年以降、隔年で発表されているランキングは、「マネジメント思想のアカデミー賞」とも言われる。
歴代の第1位は、ピーター・ドラッカー(2001年、2003年)、マイケル・ポーター(2005年)、
C.K.プラハラード(2007年、2009年、クレイトン・クリステンセン(2011年、2013年)。
日本人では、大前研一、野中郁次郎が殿堂入りしている。
Thinkers50書籍シリーズは、マネジメント理論のエッセンスを世界のトップ思想家を
直接インタビューした内容とともに紹介する新しいスタイルの入門書である。


【目次】
◆第1章 マネジメントの発祥
◆第2章 マネジャーの仕事
◆第3章 働く人の動機づけ
◆第4章 業務プロセスの管理
◆第5章 成果の把握
◆第6章 変化のマネジメント
◆第7章 人材のマネジメント
◆第8章 グローバル経営
◆第9章 マネジメントと感情
◆第10章 ミレミアム世代のマネジメント

この作品を共有

「Thinkers50」最新刊

本質をこの1冊で。“THINKERS50”シリーズ第4弾!

リーダーのあり方は多様化し、進化し続けている。
かつてリーダーシップは群や政界の指導者など、少数の人々に限られたものだった。
しかし、いまではリーダーシップは一般に広がり、私たちの日々の生活にかかわるものとなっている。
それに伴い、リーダーに必要な能力も幅広くとらえられるようになった。
本書は、リーダーシップの実践者と研究者の知見をもとに
基本と最新の研究について理解してもらうことを目指すものである。

≪本書に登場する主なビジネス思想家≫
ジム・コリンズ、ウォレン・ベニス、バーバラ・ケラーマン、マーシャル・ゴールドスミス、スチュワート・フリードマン ほか

≪Thinkers 50とは≫
Thinkers 50は、マネジメント思想を調査、ランク付けしたうえで世の中に広く紹介する取り組み。
2001年以降、隔年で発表されているランキングは、「マネジメント思想のアカデミー賞」とも言われる。
歴代の第1位は、ピーター・ドラッカー(2001年、2003年)、マイケル・ポーター(2005年)、
C.K.プラハラード(2007年、2009年、クレイトン・クリステンセン(2011年、2013年)。
日本人では、大前研一、野中郁次郎が殿堂入りしている。
Thinkers50書籍シリーズは、マネジメント理論のエッセンスを世界のトップ思想家を
直接インタビューした内容とともに紹介する新しいスタイルの入門書である。

【目次】
◆第1章 リーダーシップ研究の変遷
◆第2章 クルーシブルがリーダーをつくる
◆第3章 レベル5リーダーシップ
◆第4章 自分らしいリーダーシップ
◆第5章 カリスマと影
◆第6章 フォロワーシップ
◆第7章 トータル・リーダーシップ
◆第8章 現場で活用できるリーダーシップ

「Thinkers50」作品一覧

(4冊)

各1,320(税込)

まとめてカート

本質をこの1冊で。“THINKERS50”シリーズ第1弾!
人を動かし、会社を動かし、成長と成功に至るための思考。
最高の知性に学ぶ実践的経営論!

マネジメントは世の中を形づくり、私たちを混沌から守る大切な砦であり、
何かを実現する使命を帯びた職業である。
本書はマネジメントにまつわる古今の優れたアイデアを集め、
ビジネス思想の大家たちとの対話をまじえながら
現代的な視点からその意味を解き明かすことを目的としている。
マネジメント理論の基礎、本質、最先端が詰まった一冊。

≪本書に登場する主なビジネス思想家≫ヘンリー・ミンツバーグ、ダニエル・ピンク、リンダ・グラットン、ゲイリー・ハメル、
ロザベス・モス・カンター、ジョン・コッター、C.K.プラハラード、デービッド・ノートン、
ダニエル・ゴールマン、ジェームズ・チャンピー、デイビッド・ウルリッチ ほか

≪Thinkers 50とは≫
Thinkers 50は、マネジメント思想を調査、ランク付けしたうえで世の中に広く紹介する取り組み。
2001年以降、隔年で発表されているランキングは、「マネジメント思想のアカデミー賞」とも言われる。
歴代の第1位は、ピーター・ドラッカー(2001年、2003年)、マイケル・ポーター(2005年)、
C.K.プラハラード(2007年、2009年、クレイトン・クリステンセン(2011年、2013年)。
日本人では、大前研一、野中郁次郎が殿堂入りしている。
Thinkers50書籍シリーズは、マネジメント理論のエッセンスを世界のトップ思想家を
直接インタビューした内容とともに紹介する新しいスタイルの入門書である。


【目次】
◆第1章 マネジメントの発祥
◆第2章 マネジャーの仕事
◆第3章 働く人の動機づけ
◆第4章 業務プロセスの管理
◆第5章 成果の把握
◆第6章 変化のマネジメント
◆第7章 人材のマネジメント
◆第8章 グローバル経営
◆第9章 マネジメントと感情
◆第10章 ミレミアム世代のマネジメント

本質をこの1冊で。“THINKERS50”シリーズ第2弾!
戦略を理解し、組み立て、実行するための基礎理論。
最高の知性に学ぶ実践的戦略論!

「将来に向けた最善の施策は何か?」についての論争はいまなお、
かつてないほど活発に行われている。
本書では「戦略とは何か」について現代の解釈の礎となってきた主要な思想と、
過去二〇年にわたる思想家たちとのインタビューを紹介する。
戦略論の基礎、本質、最先端が詰まった一冊。

≪本書に登場する主なビジネス思想家≫
マイケル・ポーター、W.チャン・キム&レネ・モボルニュ、 ゲイリー・ハメル、
C.K.プラハラード、リチャード・ダベニー、リタ・マグレイズ、 ロジャー・マーティン ほか。

≪Thinkers 50とは≫
Thinkers 50は、マネジメント思想を調査、ランク付けしたうえで世の中に広く紹介する取り組み。
2001年以降、隔年で発表されているランキングは、「マネジメント思想のアカデミー賞」とも言われる。
歴代の第1位は、ピーター・ドラッカー(2001年、2003年)、マイケル・ポーター(2005年)、
C.K.プラハラード(2007年、2009年)、クレイトン・クリステンセン(2011年、2013年)。
日本人では、大前研一、野中郁次郎が殿堂入りしている。
Thinkers50書籍シリーズは、マネジメント理論のエッセンスを世界のトップ思想家を
直接インタビューした内容とともに紹介する新しいスタイルの入門書である。


【目次】
◆第1章 戦略論の世界
◆第2章 競争優位を理解する
◆第3章 コア・コンピタンスを見出す
◆第4章 ハイパーコンペティションを乗り切る
◆第5章 ブルー・オーシャンを探検する
◆第6章 戦略を行動に移す
◆第7章 戦略が社会に出合う
◆第8章 戦略が世界に出合う

本質をこの1冊で。“THINKERS50”シリーズ第3弾!

創造的破壊と共創によって新たな価値を生む営み。
本書では、近年イノベーションのあり方を大きく変え、
また今後イノベーションをかたちづくるであろう最も重要なアイデアや視点を取り上げる。
ビジネスの未来に大きなインパクトを与えるような、あるいはすでに影響を与えつつある、
一連の新しいアイデアを理解するためのレンズを提供する。

≪本書に登場する主なビジネス思想家≫
クレイトン・クリステンセン、ドン・タプスコット、ビジャイ・ゴビンダラジャン、ゲイリー・ハメル、リンダ・ヒル ほか

≪Thinkers 50とは≫
Thinkers 50は、マネジメント思想を調査、ランク付けしたうえで世の中に広く紹介する取り組み。
2001年以降、隔年で発表されているランキングは、「マネジメント思想のアカデミー賞」とも言われる。
歴代の第1位は、ピーター・ドラッカー(2001年、2003年)、マイケル・ポーター(2005年)、
C.K.プラハラード(2007年、2009年、クレイトン・クリステンセン(2011年、2013年)。
日本人では、大前研一、野中郁次郎が殿堂入りしている。
Thinkers50書籍シリーズは、マネジメント理論のエッセンスを世界のトップ思想家を
直接インタビューした内容とともに紹介する新しいスタイルの入門書である。

【目次】
◆第1章 イノベーションの歴史
◆第2章 破壊的イノベーション
◆第3章 未来を共創する
◆第4章 オープン・イノベーション
◆第5章 バック・トゥ・ザ・フューチャー
◆第6章 マネジメント・イノベーション
◆第7章 イノベーションを導く
◆第8章 イノベーションと戦略
◆第9章 社会を変えるイノベーション

「Thinkers50」の作品情報

レーベル
――
出版社
プレジデント社
ジャンル
実用 ビジネス 経済 教養 自己啓発・生き方
ページ数
255ページ (Thinkers50 マネジメント)
配信開始日
2014年12月18日 (Thinkers50 マネジメント)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad