電子書籍 経済学はどのように世界を歪めたのか(ダイヤモンド社) 実用

著: 森田長太郎 

まずは、無料で試し読み

試し読み

26ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

経済学はどのように世界を歪めたのか―――経済ポピュリズムの時代 あらすじ・内容

日本はいかにして主流派経済学の実験場になったか? 主流派経済学が日本の経済政策に与えた悪影響と、その背景となった社会的なダイナミズム「経済ポピュリズム」と「サイレント・マジョリティ」を、機関投資家の信頼のあついトップアナリストが、経済学の源流から詳細にひもといた衝撃作。

この作品を共有

「経済学はどのように世界を歪めたのか(ダイヤモンド社)」最新刊

日本はいかにして主流派経済学の実験場になったか? 主流派経済学が日本の経済政策に与えた悪影響と、その背景となった社会的なダイナミズム「経済ポピュリズム」と「サイレント・マジョリティ」を、機関投資家の信頼のあついトップアナリストが、経済学の源流から詳細にひもといた衝撃作。

「経済学はどのように世界を歪めたのか(ダイヤモンド社)」の作品情報

レーベル
――
出版社
ダイヤモンド社
ジャンル
実用 経済
ページ数
534ページ (経済学はどのように世界を歪めたのか―――経済ポピュリズムの時代)
配信開始日
2019年9月5日 (経済学はどのように世界を歪めたのか―――経済ポピュリズムの時代)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad