電子書籍 科学オタクと霊感女(LINE文庫) 文芸・小説

著: 半田畔  イラスト: 碧風羽 

まずは、無料で試し読み

試し読み

28ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

科学オタクと霊感女 -成仏までの方程式- あらすじ・内容

浮島華(うきしまはな)は、幽霊を信じない。
科学の徒である彼女にとって、幽霊の存在は認めてはならないものだった――そう、あの女に出会うまでは。
華が主宰する科学サークルのオリエンテーションに乗り込んできた風変わりな女。彼女は四ツ谷飾(よつやかざり)と名乗り、「幽霊はいるよ」と囁いた。
戸惑う華の手を飾が握った瞬間、華の目に飛び込んできたのは、決して認めてはならない存在――そう、幽霊の姿だった。

飾は幽霊の姿を見ることができる、本物の霊能者だったのだ。
飾には、自分と触れ合った相手に霊を見せる力があった。
幽霊を目の当たりにして、恐怖に叫ぶ華に、飾は言う。
この世に未練を残し、幽霊になった人々――その魂を救うのを手伝ってくれないか、と……。

オタクで陰キャでコミュ障で、科学研究にしか興味がない、「科学オタク」の浮島華。
明るく元気で人なつっこいが、マイペースで人とズレている「霊感女」の四ツ谷飾。
二人が手をつなぐとき、新たな世界の扉が開く!

この作品を共有

「科学オタクと霊感女(LINE文庫)」最新刊

浮島華(うきしまはな)は、幽霊を信じない。
科学の徒である彼女にとって、幽霊の存在は認めてはならないものだった――そう、あの女に出会うまでは。
華が主宰する科学サークルのオリエンテーションに乗り込んできた風変わりな女。彼女は四ツ谷飾(よつやかざり)と名乗り、「幽霊はいるよ」と囁いた。
戸惑う華の手を飾が握った瞬間、華の目に飛び込んできたのは、決して認めてはならない存在――そう、幽霊の姿だった。

飾は幽霊の姿を見ることができる、本物の霊能者だったのだ。
飾には、自分と触れ合った相手に霊を見せる力があった。
幽霊を目の当たりにして、恐怖に叫ぶ華に、飾は言う。
この世に未練を残し、幽霊になった人々――その魂を救うのを手伝ってくれないか、と……。

オタクで陰キャでコミュ障で、科学研究にしか興味がない、「科学オタク」の浮島華。
明るく元気で人なつっこいが、マイペースで人とズレている「霊感女」の四ツ谷飾。
二人が手をつなぐとき、新たな世界の扉が開く!

「科学オタクと霊感女(LINE文庫)」の作品情報

レーベル
LINE文庫
出版社
LINE
ジャンル
文芸・小説
ページ数
281ページ (科学オタクと霊感女 -成仏までの方程式-)
配信開始日
2019年10月4日 (科学オタクと霊感女 -成仏までの方程式-)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad