電子書籍 八丁堀・地蔵橋留書 文芸・小説

著: 浅黄斑 

まずは、無料で試し読み

試し読み

19ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

天満月夜の怪事 八丁堀・地蔵橋留書2 あらすじ・内容

時代小説に本格推理の新風を吹き込んだ! 鈴鹿蘭三郎が謎に挑む。北町奉行所定町廻り同心・鈴鹿彦馬の妾腹の子・蘭三郎の住む霊岸島長崎町二丁目の十軒長屋で、事件は起きた。妾のお軽が殺され、間男が首を吊って死んだのである。起倒流竹中道場の同門である山崎弥太郎と蘭三郎は、お軽宅の小女およねが連れて行かれた永島町の調べ番屋へ行き、居合わせた臨時廻り同心の中島兵三郎から「これは無理心中」と聞かされるのだが……。

この作品を共有

「八丁堀・地蔵橋留書」最新刊

時代小説に本格推理の新風を吹き込んだ! 鈴鹿蘭三郎が謎に挑む。北町奉行所定町廻り同心・鈴鹿彦馬の妾腹の子・蘭三郎の住む霊岸島長崎町二丁目の十軒長屋で、事件は起きた。妾のお軽が殺され、間男が首を吊って死んだのである。起倒流竹中道場の同門である山崎弥太郎と蘭三郎は、お軽宅の小女およねが連れて行かれた永島町の調べ番屋へ行き、居合わせた臨時廻り同心の中島兵三郎から「これは無理心中」と聞かされるのだが……。

「八丁堀・地蔵橋留書」の作品情報

レーベル
二見時代小説文庫
出版社
二見書房
ジャンル
文芸・小説 日本文学 時代小説 歴史
ページ数
259ページ (天満月夜の怪事 八丁堀・地蔵橋留書2)
配信開始日
2015年1月1日 (天満月夜の怪事 八丁堀・地蔵橋留書2)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad