電子書籍 CLUTCH Magazineシリーズ 実用

編集: CLUTCH編集部 

まずは、無料で試し読み

試し読み

13ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

CLUTCH Magazine Vol.64 あらすじ・内容

クラシックは裏切らない。

12月号は秋冬ファッション特大号。
巻頭の愛用時計特集に続き、第一特集は「OUTERWEAR STYLE COLLECTION」。
今年のクラッチマガジンはコートを推す。
デニムやブーツに合うカジュアルコートを、スタイリングと共に多数紹介する。
今年はコートをワイルドにガサっと羽織り、冬の街を歩こう。
もちろん我々の定番のフライトジャケットやレザージャケットも
ピックアップしているのでご安心を。
さらに注目は、日本からアメリカへ渡ったカスタムビルダー、
BRAT STYLEの高嶺剛氏スペシャルインタビュー。
ロングビーチでのショップとライフワークであるレースを中心に取材した、
迫力の全10ページにご期待ください。
※デジタル版には、表紙画像や目次に掲載している記事、画像、広告、付録が含まれない場合があります。また、掲載情報は原則として奥付に表記している発行時のものです。

この作品を共有

「CLUTCH Magazineシリーズ」最新刊

12月号は秋冬ファッション特大号。
巻頭の愛用時計特集に続き、第一特集は「OUTERWEAR STYLE COLLECTION」。
今年のクラッチマガジンはコートを推す。
デニムやブーツに合うカジュアルコートを、スタイリングと共に多数紹介する。
今年はコートをワイルドにガサっと羽織り、冬の街を歩こう。
もちろん我々の定番のフライトジャケットやレザージャケットも
ピックアップしているのでご安心を。
さらに注目は、日本からアメリカへ渡ったカスタムビルダー、
BRAT STYLEの高嶺剛氏スペシャルインタビュー。
ロングビーチでのショップとライフワークであるレースを中心に取材した、
迫力の全10ページにご期待ください。
※デジタル版には、表紙画像や目次に掲載している記事、画像、広告、付録が含まれない場合があります。また、掲載情報は原則として奥付に表記している発行時のものです。

「CLUTCH Magazineシリーズ」作品一覧

(30冊)

463円〜648円(+税)

まとめてカート

12月号は秋冬ファッション特大号。
巻頭の愛用時計特集に続き、第一特集は「OUTERWEAR STYLE COLLECTION」。
今年のクラッチマガジンはコートを推す。
デニムやブーツに合うカジュアルコートを、スタイリングと共に多数紹介する。
今年はコートをワイルドにガサっと羽織り、冬の街を歩こう。
もちろん我々の定番のフライトジャケットやレザージャケットも
ピックアップしているのでご安心を。
さらに注目は、日本からアメリカへ渡ったカスタムビルダー、
BRAT STYLEの高嶺剛氏スペシャルインタビュー。
ロングビーチでのショップとライフワークであるレースを中心に取材した、
迫力の全10ページにご期待ください。
※デジタル版には、表紙画像や目次に掲載している記事、画像、広告、付録が含まれない場合があります。また、掲載情報は原則として奥付に表記している発行時のものです。

まだ残暑厳しいこの季節、ファッションシーンはすでに秋冬モード。
2018AW第一号目の今月は、レザーシューズ特集です。
「すべての靴にはストーリーがある」をテーマに、
ワンシーズンで飽きて履き終わる靴ではなく、
その靴の背景にストーリーのある靴選びを提案します。
例えば、作り手の思いが詰まった靴や、長年愛着を持って履いている靴。
特集では、シューズエイジングギャラリーや日本の個性豊かなクラフトマン取材、
目利きの愛用靴紹介など、“背景のある靴”にまつわるトピックスが目白押しです。
巻末には、CLUTCH COLLECTIONと題し、クラッチマン御用達の
ブランドをアイテムカタログと共に紹介する豪華な企画も収録。
※デジタル版には、表紙画像や目次に掲載している記事、画像、広告、付録が含まれない場合があります。また、掲載情報は原則として奥付に表記している発行時のものです。

本誌の特集は、「ICON OF CLUTCHMAN」。
流行よりも普遍的な価値のあるモノを選び、
なおかつ手間暇かけて作られたプロダクツが好きで、年齢を重ねてもカッコよく遊ぶ。
我々はそんな大人をクラッチマンと呼んでいます。
特集では、クラッチマンの基礎となっているスタイルを改めて整理してみました。
インディゴ、ワーク、ミリタリーなど、
この夏、クラッチマンへ届けたいプロダクツが盛りだくさんです。
第二特集はシルバージュエリーミュージアム。
クラフトマンシップあふれる珠玉のジュエリーを、迫力ある写真とともに紹介します。
※デジタル版には、表紙画像や目次に掲載している記事、画像、広告、付録が含まれない場合があります。また、掲載情報は原則として奥付に表記している発行時のものです。

「CLUTCH Magazineシリーズ」の作品情報

レーベル
――
出版社
エイ出版社
ジャンル
実用 雑誌 シリーズ予約
ページ数
262ページ (CLUTCH Magazine Vol.64)
配信開始日
2018年10月25日 (CLUTCH Magazine Vol.64)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad