電子書籍 随筆集 一私小説書きの弁(講談社) 文芸・小説

著: 西村賢太 

まずは、無料で試し読み

試し読み

20ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

随筆集 一私小説書きの弁 あらすじ・内容

西村賢太が師と仰ぎ全集刊行に全力を傾ける作家・藤澤清造への思い。異端作家・倉田啓明。平成の破滅型私小説作家を形づくったもの、すべてが込められた随筆集。

この作品を共有

「随筆集 一私小説書きの弁(講談社)」最新刊

西村賢太が師と仰ぎ全集刊行に全力を傾ける作家・藤澤清造への思い。異端作家・倉田啓明。平成の破滅型私小説作家を形づくったもの、すべてが込められた随筆集。

「随筆集 一私小説書きの弁(講談社)」の作品情報

レーベル
――
出版社
講談社
ジャンル
文芸・小説 エッセイ
ページ数
203ページ (随筆集 一私小説書きの弁)
配信開始日
2018年3月9日 (随筆集 一私小説書きの弁)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad