電子書籍 地質学者ナウマン伝 フォッサマグナに挑んだお雇い外国人(朝日選書) 実用

著者: 矢島道子 

まずは、無料で試し読み

試し読み

43ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

地質学者ナウマン伝 フォッサマグナに挑んだお雇い外国人 あらすじ・内容

ナウマンゾウだけではなかった!
才能を見込まれて20歳で来日、東大の初代地質学科教授となり、日本の地質構造を明らかにしたお雇い外国人。来日直後にフォッサマグナを発見して以後、超人的な行程で調査に邁進し、滞日10年で現代に遜色ない高精度の日本地質図を完成させた。
帰独後、その功績は日本でかき消され、帰国後の人生も母国でほとんど知られていない。
同い年の弟子たちとのいさかい、寝取られた最初の妻をめぐる決闘、留学生森鴎外との論争含め、東大で地質学を学んだ著者が、図書館に眠る資料を掘り起こし、波瀾万丈の足跡と日本地質学の黎明期を描き出す。

この作品を共有

「地質学者ナウマン伝 フォッサマグナに挑んだお雇い外国人(朝日選書)」最新刊

ナウマンゾウだけではなかった!
才能を見込まれて20歳で来日、東大の初代地質学科教授となり、日本の地質構造を明らかにしたお雇い外国人。来日直後にフォッサマグナを発見して以後、超人的な行程で調査に邁進し、滞日10年で現代に遜色ない高精度の日本地質図を完成させた。
帰独後、その功績は日本でかき消され、帰国後の人生も母国でほとんど知られていない。
同い年の弟子たちとのいさかい、寝取られた最初の妻をめぐる決闘、留学生森鴎外との論争含め、東大で地質学を学んだ著者が、図書館に眠る資料を掘り起こし、波瀾万丈の足跡と日本地質学の黎明期を描き出す。

「地質学者ナウマン伝 フォッサマグナに挑んだお雇い外国人(朝日選書)」の作品情報

レーベル
朝日選書
出版社
朝日新聞出版
ジャンル
実用
ページ数
431ページ (地質学者ナウマン伝 フォッサマグナに挑んだお雇い外国人)
配信開始日
2019年10月12日 (地質学者ナウマン伝 フォッサマグナに挑んだお雇い外国人)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad