電子書籍 群雄戦国志 新書

著者: 尾山晴紀 

まずは、無料で試し読み

試し読み

28ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

群雄戦国志 1 佐和山の誓い あらすじ・内容

1600年、佐和山の石田三成は盟友・大谷義継の諌言を受けて、関ヶ原決起を見送った。それだけでなく、家康に臣従を決意する。

1600年、石田三成は関ヶ原決起を見送った。会津討伐が成され、徳川体制が確立されつつある中、三成はあからさまに家康臣従の態度をとり始めた。だが、その裏には、佐和山城での盟友・大谷義継の命を賭した諌言を受けての秘策があったのだった。

この作品を共有

「群雄戦国志」最新刊

石田重家の死を聞いた秀頼は、友の仇を討つべく出馬することを決意。七万の将士とともに、戦場である備前・岡山城へと西進した。秀頼の出馬により最終局面に入った両軍の戦い。勝利を、そして天下を握るのは果たしてどちらか!? シリーズ堂々の完結!

「群雄戦国志」作品一覧

(4冊)

各762円 (+税)

まとめてカート

1600年、石田三成は関ヶ原決起を見送った。会津討伐が成され、徳川体制が確立されつつある中、三成はあからさまに家康臣従の態度をとり始めた。だが、その裏には、佐和山城での盟友・大谷義継の命を賭した諌言を受けての秘策があったのだった。

1600年、石田三成は関ヶ原決起を見送った。三年の雌伏の時を経て、ついに家康への叛旗を翻した石田三成。毛利征伐に西進した徳川軍の背後に10万で大軍が迫る!! 四月二十三日。備後・芦田川で、運命の一戦は幕を開けた!

備前で家康に対して優勢な戦いを繰り広げていた三成が、あと一歩で家康を討ち取るところを、秀忠の中国大返しによって窮地に陥った。利あらずと見た三成は岡山城に逃走、篭城戦を繰り広げる。秀頼に加勢を求めるため宇喜田秀家を大坂に派遣した三成だが…。人

「群雄戦国志」の作品情報

レーベル
歴史群像新書
出版社
学研
ジャンル
新書
ページ数
298ページ (群雄戦国志 1 佐和山の誓い)
配信開始日
2015年1月15日 (群雄戦国志 1 佐和山の誓い)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad