電子書籍 新 天下布武 新書

著者: 坂上天陽 

まずは、無料で試し読み

試し読み

29ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

新 天下布武 1 あらすじ・内容

天正十年六月備中高松に到着した織田信長に、秀吉が叛旗を翻した! いま信長の掲げた「天下布武」に新たな展開が起こる!

天正十年六月、本能寺を経て備中高松に到着した織田信長に、秀吉が叛旗を翻した! 一方、四国討伐を実行すべく出征中の明智光秀は、この変事に大返しを決意。いま信長の掲げた「天下布武」に新たな展開が起ころうとしていた!

この作品を共有

「新 天下布武」最新刊

光秀、勝家、家康が繰りひろげた関ヶ原合戦は、すでに落命していると思われていた信長嫡子・信忠の出現で、予想外の展開となった。織田信長亡き後の天下を統べる者は、果たして誰か? 光秀は主君の遺志を継いで、天下布武を実現することができるのか!?

「新 天下布武」作品一覧

(4冊)

各667円 (+税)

まとめてカート

天正十年六月、本能寺を経て備中高松に到着した織田信長に、秀吉が叛旗を翻した! 一方、四国討伐を実行すべく出征中の明智光秀は、この変事に大返しを決意。いま信長の掲げた「天下布武」に新たな展開が起ころうとしていた!

秀吉謀叛、信長敗死の報を受けた明智光秀は、敵対していた長曾我部との和睦を成し遂げ、急ぎ京へと戻る。朝敵となった秀吉は撤退を余儀なくされるが、中国の王・毛利を味方につけ、瀬戸内の水軍を駆使せんと画策するが……。

信長横死後、中国路・日生の合戦で羽柴秀吉を降した、明智光秀。しかし息つく暇もなく、今度は柴田勝家・徳川家康との主導権争いが始まった。ついに関ヶ原を舞台に激突せんとする三者。その争いに、織田信長の正当なる後継者・信忠が突如、割ってはいる!

「新 天下布武」の作品情報

レーベル
歴史群像新書
出版社
学研
ジャンル
新書
ページ数
307ページ (新 天下布武 1)
配信開始日
2015年1月15日 (新 天下布武 1)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad