電子書籍 B.A.D.(ファミ通文庫) ラノベ

完結
著者: 綾里けいし  イラスト: kona 
みんなの★
★ ★ ★ ★ ★

まずは、無料で試し読み

試し読み

60ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

B.A.D. 1 繭墨は今日もチョコレートを食べる あらすじ・内容

残酷で切なく、醜悪に美しいミステリアス・ファンタジー!

「小田桐君。理由なく人を殺せるぐらいでないと、狂っているうちには入らないさ」チョコレート片手に、彼女は僕に告げた。傲慢で冷酷で我が儘な偏食家。そして紅い唐傘を手にゴシックロリータを纏い、僕の絶望に突き放した微笑を浮かべる14歳の異能の少女、繭墨あざか。けど、あの満開の桜の下、彼女は言った。僕の傍にいてくれると──。第11回えんため大賞優秀賞。残酷で切なく、醜悪に美しいミステリアス・ファンタジー!

この作品を共有

「B.A.D.(ファミ通文庫)」最新刊

『B.A.D.』本編の1~13巻のカバーイラストを完全収録。さらに文庫未収録イラストを6点追加した大ボリュームのイラスト集。ヒロイン・繭墨あざかの魅力が詰まったファン必見の1冊です。

※この作品は、ファミ通文庫『B.A.D. 13 そして、繭墨は明日もチョコレートを食べる』の購入特典です。
※対象作品を購入した翌日、アプリの「一覧」画面を開くと本商品をダウンロードすることができます。
※通信状態のよいところでお試しください。
※この購入特典は、対象作品を購入後、自動に配布されるまで最大10分程度のお時間を頂く場合がございます。

「B.A.D.(ファミ通文庫)」作品一覧

(14冊)

0〜704(税込)

まとめてカート

「小田桐君。理由なく人を殺せるぐらいでないと、狂っているうちには入らないさ」チョコレート片手に、彼女は僕に告げた。傲慢で冷酷で我が儘な偏食家。そして紅い唐傘を手にゴシックロリータを纏い、僕の絶望に突き放した微笑を浮かべる14歳の異能の少女、繭墨あざか。けど、あの満開の桜の下、彼女は言った。僕の傍にいてくれると──。第11回えんため大賞優秀賞。残酷で切なく、醜悪に美しいミステリアス・ファンタジー!

「まぁ、どちらにしろ、退屈な話だけどね。ボク好みの要素なんて欠片もないよ」欠伸をしながら黒いゴシックロリータを纏った少女・繭墨あざかは言った。”動く落書き”の犯人を捕まえる。いつも通りの馬鹿げた事件は、僕と繭墨を異能の一族・水無瀬家の誇りと絶望と裏切りの渦中に巻き込んでいく。自らの矜持のため、人の命を踏みにじる彼らに僕は怒りを覚えるが--。残酷で切なく、醜悪に美しいミステリアス・ファンタジー、大反響の第2弾!!

「善悪の判断のある者に頼みたまえ。ボクみたいな人間は役に立たないよ」繭墨あざかは知人からの頼みを断わった。『人魚』に関する悪趣味な"娯楽"に飽きたのだ。だが、あるおとぎ話を読んだ彼女は一転、依頼を受けると言い出した。その微笑みは不吉な兆しにしか思えない。それでも、僕はもう馬鹿げた怪異による犠牲者を出したくなかった。たとえこの手が届かないものであったとしても--。残酷で切なく、醜悪に美しいミステリアス・ファンタジー第3弾!

「B.A.D.(ファミ通文庫)」の作品情報

レーベル
ファミ通文庫
出版社
KADOKAWA
ジャンル
ライトノベル 男性向け ゴシック えんため大賞小説部門 えんため大賞 完結 めがイラスト
ページ数
419ページ (B.A.D. 1 繭墨は今日もチョコレートを食べる)
配信開始日
2011年5月12日 (B.A.D. 1 繭墨は今日もチョコレートを食べる)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad