電子書籍 美咲の器-それからの緋が走る-(Benjanet) マンガ

完結
著: ジョー指月  著: あおきてつお 
みんなの★
★ ★ ★ ★ ☆

まずは、無料で試し読み

試し読み

11ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

美咲の器-それからの緋が走る- 1巻 あらすじ・内容

若き女流陶芸家・松本美咲(まつもと・みさき)の新たなる挑戦を描いた人気陶芸ロマン「緋が走る」の続編。

若き女流陶芸家・松本美咲(まつもと・みさき)の新たなる挑戦を描いた人気陶芸ロマン「緋が走る」の続編。亡き父の遺志を継いで“緋”を走らせた美咲は、その一年後、自分流の器を見つけられず思い悩む。そんな時、行方不明になった婚約者・高杉(たかすぎ)が連帯保証した借金のため、全国女流陶芸作家のコンテスト“湯布院の春”へ出場することになった美咲だったが・・。

この作品を共有
  

「美咲の器-それからの緋が走る-(Benjanet)」最新刊

父親の会社の窮地で思い悩む婚約者・高杉のために、「芳賀の色」をマスターしようと努力を重ねる美咲。一方、高杉に横恋慕するゾフィもまた、誰よりも早く「芳賀の色」を出そうと躍起になる。その後、高杉と語り合った美咲は一人で生きていく決意をして、ついに産みの母・陽子と巡り会った美咲は・・。感動の完結巻!

「美咲の器-それからの緋が走る-(Benjanet)」作品一覧

(9冊)

各400円 (+税)

まとめてカート

若き女流陶芸家・松本美咲(まつもと・みさき)の新たなる挑戦を描いた人気陶芸ロマン「緋が走る」の続編。亡き父の遺志を継いで“緋”を走らせた美咲は、その一年後、自分流の器を見つけられず思い悩む。そんな時、行方不明になった婚約者・高杉(たかすぎ)が連帯保証した借金のため、全国女流陶芸作家のコンテスト“湯布院の春”へ出場することになった美咲だったが・・。

自分の器を探して青磁や白磁を勉強しようと、韓国の陶工師・柳蘭(ゆうらん)の元に訪れた美咲。しかし青磁・白磁を作らない柳蘭から他の窯元へ行けと言われて途方に暮れる美咲は、陶磁家の娘・安羅(あんな)の窯で修業することに。そして美咲は、親が遺した借金で脅される安羅のために、利川で行われる新作発表会に参加するのだが・・。

天の器を目指して第九の釉薬として黒陶に目をつけた美咲は、マラッカ海峡で「ヒタム・パウス」と呼ばれる海賊と遭遇する。その後、クアラルンプールの商店で黒陶の壷が気に入った美咲は、その仕入れ先を隠そうとする店主のトラックの荷台に隠れて黒陶の作業場にたどり着く。しかしそこは海賊のアジトであり、美咲は海賊のリーダーに監禁されてしまい・・。

「美咲の器-それからの緋が走る-(Benjanet)」の作品情報

レーベル
Benjanet
出版社
Benjanet
ジャンル
マンガ 男性向け 完結
ページ数
236ページ (美咲の器-それからの緋が走る- 1巻)
配信開始日
2015年1月29日 (美咲の器-それからの緋が走る- 1巻)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad