電子書籍 ARHAN-アラハン- マンガ

完結
著: 竜崎遼児 

まずは、無料で試し読み

試し読み

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

ARHAN-アラハン- 1巻 あらすじ・内容

戦乱の世、山深い奥地に人を殺すことを商売とする人々が住む「蓮華の里」といわれる村があった。

戦乱の世、山深い奥地に人を殺すことを商売とする人々が住む「蓮華の里」といわれる村があった。ある年、この村を支配する槐家に双子が生まれたが、代々その秘術は一子相伝、ゆえにその父は弟・後馗の抹殺を決める。だが、後馗の才を高く買う源徳は、西国へ後馗を連れ逃げのびて・・。

この作品を共有
  

「ARHAN-アラハン-」最新刊

槐の奥義を知る心の一法の使い手・不比等を倒したタツマは、槐を滅ぼすため「蓮華の里」へ向う。だが、そこには槐が火輪の陣を張り巡らしており、兄・前馗に辿り着くためには、これを一人で破らなくてはならない。タツマの易筋行の集大成と言うべき闘いがいよいよはじまる・・!

「ARHAN-アラハン-」作品一覧

(3冊)

各400円 (+税)

まとめてカート

戦乱の世、山深い奥地に人を殺すことを商売とする人々が住む「蓮華の里」といわれる村があった。ある年、この村を支配する槐家に双子が生まれたが、代々その秘術は一子相伝、ゆえにその父は弟・後馗の抹殺を決める。だが、後馗の才を高く買う源徳は、西国へ後馗を連れ逃げのびて・・。

未完成の易筋行を修得するため七つ寺をめぐる旅に出たタツマ。二の寺・火宝寺において和尚・覚安に、無垢な心で強くなりたいと思うことが必要だと忠告される。火宝寺での修行が終盤をむかえた頃、仕込み鎌の使い手・猫目と闘う。猫目は槐の不比等が率いる野盗の一人だった・・。

槐の奥義を知る心の一法の使い手・不比等を倒したタツマは、槐を滅ぼすため「蓮華の里」へ向う。だが、そこには槐が火輪の陣を張り巡らしており、兄・前馗に辿り着くためには、これを一人で破らなくてはならない。タツマの易筋行の集大成と言うべき闘いがいよいよはじまる・・!

「ARHAN-アラハン-」の作品情報

レーベル
Benjanet
出版社
Benjanet
ジャンル
マンガ 男性向け 完結
ページ数
206ページ (ARHAN-アラハン- 1巻)
配信開始日
2015年2月10日 (ARHAN-アラハン- 1巻)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad