電子書籍 ウィリアム・モンク・シリーズ 文芸・小説

著: アン・ペリー  訳者: 吉澤康子 

まずは、無料で試し読み

試し読み

18ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

偽証裁判 上 あらすじ・内容

1857年10月、ヘスターは新たな仕事を得た。エディンバラの名家の女主人メアリが夜行列車でロンドンを訪れ、数日滞在したのちに帰宅する予定で、その間の付き添いを請け負ったのだ。彼女は高齢で心臓に持病があり、薬の飲み忘れは命に関わる。経験豊富な看護婦であるヘスターは車中で指示通りに薬を飲ませたが、翌朝、メアリはこときれていた。身に覚えのない殺人の罪で起訴されてしまったヘスターの絞首刑を防ぐには、裁判で無実を証明するしかない。私立探偵モンクは真犯人を見つけるべく捜査を開始する。緊迫感に満ち満ちた傑作法廷ミステリ!

この作品を共有

「ウィリアム・モンク・シリーズ」最新刊

鞄から黒真珠のブローチを見つけたヘスターは、ファラリン家に返そうとする。だが時すでに遅く、盗みのかどで逮捕され、ニューゲイト監獄に送られてしまう。最終的に殺人罪で起訴されたヘスターの絞首刑を防ぐため、殺人犯をつきとめようとファラリン家を調べるモンクだが、手がかりは皆目つかめない。さらに頼みの綱である辣腕法廷弁護士ラスボーンは、スコットランドで裁判が開かれるため、ヘスターの弁護人として法廷に立つことができない。絶体絶命の窮地に追い込まれたヘスターを救う道は?そして裁判を経て明らかになる殺人事件の真相は?/解説=若林踏

「ウィリアム・モンク・シリーズ」作品一覧

(2冊)

各926円 (+税)

まとめてカート

1857年10月、ヘスターは新たな仕事を得た。エディンバラの名家の女主人メアリが夜行列車でロンドンを訪れ、数日滞在したのちに帰宅する予定で、その間の付き添いを請け負ったのだ。彼女は高齢で心臓に持病があり、薬の飲み忘れは命に関わる。経験豊富な看護婦であるヘスターは車中で指示通りに薬を飲ませたが、翌朝、メアリはこときれていた。身に覚えのない殺人の罪で起訴されてしまったヘスターの絞首刑を防ぐには、裁判で無実を証明するしかない。私立探偵モンクは真犯人を見つけるべく捜査を開始する。緊迫感に満ち満ちた傑作法廷ミステリ!

鞄から黒真珠のブローチを見つけたヘスターは、ファラリン家に返そうとする。だが時すでに遅く、盗みのかどで逮捕され、ニューゲイト監獄に送られてしまう。最終的に殺人罪で起訴されたヘスターの絞首刑を防ぐため、殺人犯をつきとめようとファラリン家を調べるモンクだが、手がかりは皆目つかめない。さらに頼みの綱である辣腕法廷弁護士ラスボーンは、スコットランドで裁判が開かれるため、ヘスターの弁護人として法廷に立つことができない。絶体絶命の窮地に追い込まれたヘスターを救う道は?そして裁判を経て明らかになる殺人事件の真相は?/解説=若林踏

「ウィリアム・モンク・シリーズ」の作品情報

レーベル
創元推理文庫
出版社
東京創元社
ジャンル
文芸・小説 推理 海外文学 ミステリー・推理・サスペンス
ページ数
362ページ (偽証裁判 上)
配信開始日
2015年2月20日 (偽証裁判 上)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad