電子書籍 相続で家族がもめないための「生前会議」の開き方 実用

監修: 五十嵐明彦 

まずは、無料で試し読み

試し読み

22ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

相続で家族がもめないための「生前会議」の開き方 あらすじ・内容

みんなが幸せになる相続の仕方を考えてみませんか?

遺言書を残しても相続トラブルは防げない。本書は、財産を残す人が自分の思いを語り、なぜそのように相続するかを家族に伝える「生前会議」を提案。開くメリットから進行方法、異論が出た場合の対処法まで解説する。

この作品を共有

「相続で家族がもめないための「生前会議」の開き方」最新刊

遺言書を残しても相続トラブルは防げない。本書は、財産を残す人が自分の思いを語り、なぜそのように相続するかを家族に伝える「生前会議」を提案。開くメリットから進行方法、異論が出た場合の対処法まで解説する。

「相続で家族がもめないための「生前会議」の開き方」の作品情報

レーベル
――
出版社
KADOKAWA / メディアファクトリー
ジャンル
実用 暮らし・健康・子育て
ページ数
226ページ (相続で家族がもめないための「生前会議」の開き方)
配信開始日
2015年3月13日 (相続で家族がもめないための「生前会議」の開き方)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad