電子書籍 与力・仏の重蔵 文芸

著: 藤水名子 

まずは、無料で試し読み

試し読み

22ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

与力・仏の重蔵 情けの剣 あらすじ・内容

鬼より怖い凄腕与力がなぜ「仏」と呼ばれる? 男の生き様の極北!惨殺死体が続いて見つかる。ホトケの身元を調べると、かつての盗賊一味だという。誰が何のために?犯人を追う重蔵の苦悩!与力は普通、現場には足を運ばないが、南町奉行所与力・戸部重蔵は、いつも自分で検分に出向く。それだけでも変わり者だったが、火盗改め同心への抜擢、そして本来世襲であるはずの町方与力への出世は、兄とも慕う幼馴染、勘定奉行の矢部定謙の口利きとしか思えない異例のことだった。仏の重蔵と呼ばれる男の、これぞ男の生きざまを描く、著者渾身の新シリーズ第一弾!

この作品を共有

「与力・仏の重蔵」最新刊

麝香の香りをさせる女密偵の思惑を《仏》の重蔵が暴く!大店の主殺しが続くが、どこも病、自殺という。いったい誰が何のために? 誰もが口を閉ざす中、重蔵が襲われる……。大店の主が殺される事件が続く中、戸部重蔵の前に、火盗の密偵だと名乗る色気たっぷりの年増女が現れる。家族も口を閉ざし、殺された商人たちにつながりも見えず、探索は進まないが、なぜかあちこちで女に出くわす。元は盗っ人《夜桜》のお高として有名だったというが、女は本当に火盗の仕事を?そして重蔵が襲われる……。商家の主殺しと女密偵の謎を、重蔵は解けるのか。

「与力・仏の重蔵」作品一覧

(4冊)

各700円 (+税)

まとめてカート

鬼より怖い凄腕与力がなぜ「仏」と呼ばれる? 男の生き様の極北!惨殺死体が続いて見つかる。ホトケの身元を調べると、かつての盗賊一味だという。誰が何のために?犯人を追う重蔵の苦悩!与力は普通、現場には足を運ばないが、南町奉行所与力・戸部重蔵は、いつも自分で検分に出向く。それだけでも変わり者だったが、火盗改め同心への抜擢、そして本来世襲であるはずの町方与力への出世は、兄とも慕う幼馴染、勘定奉行の矢部定謙の口利きとしか思えない異例のことだった。仏の重蔵と呼ばれる男の、これぞ男の生きざまを描く、著者渾身の新シリーズ第一弾!

《仏》と呼ばれる与力の、微笑む顔の奥に隠れる、悪を許さぬ非情の正義。腕利きの用心棒たちと頑丈な錠前にもかかわらず、金蔵から千両箱を盗み出す《霞小僧》を追う重蔵が、奉行襲撃の闇を解き明かす。二月続いて、札差の金蔵から千両箱が一つずつ盗まれる。人間業とは思えないその手口に、さすがの町奉行所与力の戸部重蔵もなす術がなかった。そんな折、町奉行矢部定謙が刺客に襲われる現場に遭遇、撃退するが、奉行は「老中の手の者か」と素っ気ない。今度は同じ札差から根こそぎ金が奪われ、奉行の役宅にも不穏な空気が……。《仏》の重蔵は、重なる危機を解決できるか。

闇に蠢く悪の所業を、心を明かさぬ《仏》、重蔵の剣が両断する!江戸で夜鷹殺しが続くが、いったい誰が? なぜ?囮を使っての探索に、下手人は挙がるのだが、その裏にはある陰謀が!心形刀流の練武館で鍛えた与力・戸部重蔵を同門の刺客が襲う!「ねえさん、いいかい?」夜鷹は半信半疑だった。男の方から声をかけてくるなど、まずないからだ。だが、気づいたときは遅かった――。夜鷹殺しが続く中、重蔵は密偵を囮に女形の役者を捕らえるが、男は、「二度も女騙りにだまされるなんて」と口走るのだった。それ以上語ろうとしない男は何かに怯えているようにも?ある夜、重蔵は剣の同門らしき男に闇討ちに遭い…。

「与力・仏の重蔵」の作品情報

レーベル
二見時代小説文庫
出版社
二見書房
ジャンル
文芸 日本文学 時代小説 歴史
ページ数
240ページ (与力・仏の重蔵 情けの剣)
配信開始日
2015年3月6日 (与力・仏の重蔵 情けの剣)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad