電子書籍 「双子と幼なじみの四人殺し」シリーズ ラノベ

完結
著者: 森田陽一  イラストレーター: saitom 
みんなの★
★ ★ ★ ★ ☆

まずは、無料で試し読み

試し読み

48ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

双子と幼なじみの四人殺し あらすじ・内容

双子の少女と、飛び降り自殺。愛憎が交錯する事件の果てにあるものは!? 第3回GA文庫大賞の問題作!

高校生、菱川迷悟は、双子の少女、新山一縷と朽縷と同居していた。美しい双子に翻弄されながら日常を送っていた迷悟だったが、ある日、三人は学校で飛び降り自殺の現場に遭遇する。その自殺に関して一縷は、突き落としたやつが見えたという。正義感の強い、いや、正義感が強過ぎる迷悟は、事件を傍観することができなかった。――学校のアイドル、グッズ販売、そして交際を賭けた決闘……。愛憎が交錯する事件の果てにあるものは!? 第3回GA文庫大賞≪奨励賞≫受賞の問題作が登場! 「幸せになる覚悟はある?人を殺しておいてなお、幸せになりたいと思えるかってこと」 ※電子版は文庫版と一部異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください

この作品を共有

「「双子と幼なじみの四人殺し」シリーズ」最新刊

双子と幼なじみの四人殺し4 ラノベ
著者: 森田陽一  イラストレーター: saitom 

600円(+税)

「朽縷がいなくなれば、きっと普通になれるよ」「もし私を捨てるなら、なんであのときに捨ててくれなかったんだ」 迷悟が一縷から「四人殺し」の真相を聞き、それを朽縷に知られたことから、三人の関係は決定的に変質してしまっていた。そんな中、迷悟の知らない所で、朽縷に近付く三川と、一縷に近付く菱川一途が状況を加速させる。「相手はあなたを殺す気――」 自分の選択により起きてしまった状況に、苦しみ、思いつめる迷悟。避けられない一縷と朽縷の衝突で、残るものは何か……。森田陽一×saitomが贈る、学園ノワール第4弾! ※電子版は文庫版と一部異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください

「「双子と幼なじみの四人殺し」シリーズ」作品一覧

(4冊)

各600円 (+税)

まとめてカート

双子と幼なじみの四人殺し ラノベ

著者: 森田陽一  イラストレーター: saitom 

600円(+税)

高校生、菱川迷悟は、双子の少女、新山一縷と朽縷と同居していた。美しい双子に翻弄されながら日常を送っていた迷悟だったが、ある日、三人は学校で飛び降り自殺の現場に遭遇する。その自殺に関して一縷は、突き落としたやつが見えたという。正義感の強い、いや、正義感が強過ぎる迷悟は、事件を傍観することができなかった。――学校のアイドル、グッズ販売、そして交際を賭けた決闘……。愛憎が交錯する事件の果てにあるものは!? 第3回GA文庫大賞≪奨励賞≫受賞の問題作が登場! 「幸せになる覚悟はある?人を殺しておいてなお、幸せになりたいと思えるかってこと」 ※電子版は文庫版と一部異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください

双子と幼なじみの四人殺し2 ラノベ

著者: 森田陽一  イラストレーター: saitom 

600円(+税)

ある日、胡桃沢美貴は生徒会室で四つの首吊り死体を作っている犯人に出会う。「ワタシね、十二人殺そうと思っているの」 一方、三川ミミは双子たちの事件で自殺した刑事の娘に出会う。「あなた――復讐とかしてみたくない? あなたの仇がこの学校にいるのは……知っているわよね?」「じゃあ殺しましょう。菱川迷悟と新山一縷と新山朽縷を殺しましょう」 行方不明になる胡桃沢、再び起きる連続殺人事件、迷悟と双子の前に現れる奇妙な人間たち……。否応なく巻き込まれる三人の運命は……!? 森田陽一×saitomが贈る、学園ノワール第2弾! ※電子版は文庫版と一部異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください

双子と幼なじみの四人殺し3 ラノベ

著者: 森田陽一  イラストレーター: saitom 

600円(+税)

その村では十二年おきに人が死んでいた。そして今年が十二年目――。夏休み、双子の一縷と朽縷と一緒に、迷悟は旅行で海に来ていた。しかし、そこで迷悟は、双子には秘密で、久保園秤と名乗っていた少女、菱川一途とともに、両親が過去に関わった事件を調べる約束をしていた。そんな中、三人のいる旅館で、首と腕が切り取られた死体が発見される。「め、迷悟……?」 死体の前には血にまみれた迷悟の姿が。犯人の疑いがかかる中、真犯人を見つけるため、奔走する迷悟。そして過去の事件との関係とは!? 「この話は“最悪”の話なの」 森田陽一×saitomが贈る、学園ノワール第3弾! ※電子版は文庫版と一部異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください

「「双子と幼なじみの四人殺し」シリーズ」の作品情報

レーベル
GA文庫
出版社
SBクリエイティブ
ジャンル
ライトノベル 男性向け GA文庫大賞 ミステリー・推理・サスペンス 完結
ページ数
252ページ (双子と幼なじみの四人殺し)
配信開始日
2012年11月15日 (双子と幼なじみの四人殺し)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad