電子書籍 関ヶ原争乱録 新書

著者: 尾山晴紀 

まずは、無料で試し読み

試し読み

22ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

関ヶ原争乱録 廻天の掟1 あらすじ・内容

慶長五年。天下分け目の戦い。西軍は石田三成の策が全て成功し、快進撃を続けていた……。しかし、その三成らしからぬ迅速な行動に、盟友・大谷吉継は、背後に誰かいるのではないかと疑問を持つ。さらに、失地回復を目指す家康がついに西進を開始した……。

この作品を共有

「関ヶ原争乱録」最新刊

矢作川の敗戦で失意の徳川家康のもとに、一通の書状が届く。その内容を信じれば、一気に西軍を逆転することができる。しかし、その送り主は、家康の長年の敵であり、先の中津川の戦いで裏切った表裏比興の者・真田昌幸だった――。

「関ヶ原争乱録」作品一覧

(2冊)

各762円 (+税)

まとめてカート

慶長五年。天下分け目の戦い。西軍は石田三成の策が全て成功し、快進撃を続けていた……。しかし、その三成らしからぬ迅速な行動に、盟友・大谷吉継は、背後に誰かいるのではないかと疑問を持つ。さらに、失地回復を目指す家康がついに西進を開始した……。

矢作川の敗戦で失意の徳川家康のもとに、一通の書状が届く。その内容を信じれば、一気に西軍を逆転することができる。しかし、その送り主は、家康の長年の敵であり、先の中津川の戦いで裏切った表裏比興の者・真田昌幸だった――。

「関ヶ原争乱録」の作品情報

レーベル
歴史群像新書
出版社
学研
ジャンル
新書 架空戦記
ページ数
290ページ (関ヶ原争乱録 廻天の掟1)
配信開始日
2015年3月18日 (関ヶ原争乱録 廻天の掟1)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad